日経先物売買手法

株で勝てないのは?

株を始めたら、
たまたまビギナーズラックで利益を挙げる人、
最初から損失を出す人、
に分かれます。

どちらにしても、
なんとなくやっている人や
自分では覚えようとしない人は、
いずれ資金を失うことになります。

ビジネスや投資は、すべてそうです。

まずは、そんなに甘い世界ではないことを
肝に銘じて、何を学べばいいのかを知りましょう。

では、何を覚えればいいのかというと、
それは、なんといっても「検証の方法」です。

トレードでは、マーケットの中で
統計的に優位な「何か」を
探さなければ勝つことができないと
言われております。

その優位な「何か」のことを
『エッジ」と言いますが、

これを探すことが出来るのが、
「検証」という作業になります。

これを覚えることなくトレードを開始しても
何かを見つけることも
利益を出すこともできるはずがありません。

例えば、投資の本に書いてある
「投資方法」があったとします。

「●日を超えたら買い、●%上がったら売る」
というものでもいいです。

この方法で本当に利益が出る「根拠」は何でしょう?

それは、「検証」をして確認してみる他ないのです。

利益が出せない人ほど、
「有名な人が書いているから」とかいうことが多いです。

ネットを検索して噂とか、評判とか・・・
何の意図で書かれているかも
話しているかも分からない情報を信じて
チャンスもお金も失うことが多いようです。

そんなもの関係ありません。

投資家は、「検証」して、
根拠を確認し、テストを行えばいいのです。

 

 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です