日経先物売買手法

トレードと大衆の法則

こんにちは、
スーパートレーディングスクールREEDの
村居孝美です。

 

 

今日は、システムトレードの

根本的な考え方についてお話をします。

 

システムトレードといえば、

 

「過去のバックテストをして、

有効であることが確認できた売買ルールを

十分なトレード数をこなし、

統計的平均値への収束に賭ける方法」

といわれています。

 

ここでよく、

大数の法則を用いて、

説明がおこなわれます。

 

例えば、

コイン投げのゲームです。

 

コインを投げて、

表裏を当てるゲームのことですね。

 

表が出たら、いくらもらえる

裏が出たらいくらもらえる。

 

と決めて、当てるゲーム。

 

表が出る回収と裏が出る回数の比率は、

どちらも50%ですね。

 

ということは、

試行回数を増やせば、

表が出る回数と裏が出る回数は、

どちらも50%に近づくというものです。

 

トレードもこれと同じで、

大数の法則を味方にしていきましょう。

ということです。

 

ですが、

念頭に置いておきたいのは、

 

いざ、

トレードの場合になると、

検証において確認した場合、

「市場参加者や環境が変化する。」

「資金量が有限」

ということもあり、

 

トレード検証の結果は、

経験的確率になり、

 

コイン投げのように、

「回数を無限に重ねていけばいい」

という単純なことにはなりません。

 

なので、

あまり大数の法則に

依存しすぎないことが必要です。

 

頭がいい人程、

陥りやすいので注意が必要です。

 

コイン投げのように、

確実に答えが出てしまうなら、

誰もが利益を出せるようになりますが、

 

トレードは、対人戦のゲームであり、

そんな単純な正解は存在しないわけです。

 

「テクニカル分析の教科書はこうだから・・・」

「統計とはこうだから・・・」

 

などの固定観念は、柔軟性がなくなり、

マーケットを見えなくしてしまいます。

 

検証における優位性=売買ルールは、

100%確実なものは存在しない中での、

優位性であり、

 

生ものであるということを

理解したうえで、対策をしながら

扱っていくことが大切になります。

 

なので、

「複数の売買ルールを同時に運用する」

「ポジションを大きく取り過ぎない」

「定期的に優位性がなくなっていないかを確認する」

等の管理が必要なのです。

 

勿論、

優位性がなくなったかを

確認したりするには、

自分で検証ができないといけません。

 

トレーダーには、

検証スキルは絶対必須のものになります。

 

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

 


トレード日記ランキング

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です