日経先物売買手法

アイディアがなくても売買ルールは作れる

弊社の受講生の方でも、
トレードが初めてだから
アイディアが湧かないという人がいます。

私の場合は、
12年以上相場を見てきたわけですから、
いろんなアイディアが湧いてきます。

ですが、今から始める人にとっては、
いきなりアイディアなんて言うものは、
そうそう出てきません。

今日はそういう人の為に、
アイディアがなくても売買ルールを作る方法を
ざくっとですが、ご紹介します。

アイディアというのは、
言い換えると、仮説を立てることです。

例えば、
「昨日、株価が上がって終わったら、
今日は上がるのでは?」という具合です。

それに合わせて、条件を設定していくわけです。

どうやって条件を設定していくのか?
については、今日はお話はしません。

私の場合は、日本語で設定できる
検証ソフトを利用していますが、

エクセルで計算式を入れて検証をする人もいれば、
私と違った検証ソフトを使用している人もいます。

ですから、これについては、お話ができません。

因みに、私が使っている「検証ソフト」は、
以下のように、日本語で簡単に設定が出来るようになっています。

では、早速ですが、
【仮説を立てずに、売買ロジックを構築する手順】
を書いておきます。
①売買する時間枠を決める
②メインフィルタを見つける
(現在から1年前までで検証する)
③見つけたサブフィルタから、
やりたいサブフィルタを決める
④サブフィルタを最適化する
⑤悪い曜日、週、月を調べる
⑥サブフィルタを見つける
(売買回数を減らしすぎないように注意)
⑦今年迄の期間に直して、検証結果をみる
⑧今年も使えそうであれば、最適化し、
テスト開始に入るために、
この売買ロジックの特徴などを調べて、
メモする。
⑨テスト開始

まず、売買をしたい時間枠を決めたら、
その中で有効な条件(メインフイルタ)を見つけることになります。
有効な条件とは、利益がでる条件の事です。

システムトレードでは、統計的なアプローチで、
優位性があることを言います。

これを書いていて思いましたが、
初心者の方には、何の事だか
分からないような気もしてきました(笑)

なるべくわかりやすいように書いていますが、
最近では、グーグル先生に聞けば、
ある程度の事は教えてくれるので、
検索でもしてください。

話は、戻りますが、

検証ソフトを使えば、
有効な条件(メインフイルタ)を見つけるのは、
そんなに難しくないということを頭に入れておいてください。

なぜなら、上から順番に、
すべての条件に数字を大まかに入れていって、
有効なフイルタを見つければいいのです。

いわゆる、「数うち当たれ」的なやつです。

「なんのこっちゃ」と思われる方は、
弊社がやっている無料セミナーでも来てくだされ(笑)
 

 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です