日経先物売買手法

トレードの手法

こんにちは、村居です。

今日は私がおこなっている
トレードの手法についてお話をしたいと思います。

トレードの手法といっても
ロング・ショート戦略やグローバルマクロ、
マーケットタイミング、イベント投資、
アノマリー等たくさんあります。

 

こんなにたくさんの方法論がある中で
なかなか自分で体系化をしていくのは
至難のわざかもしれません。

そこで、参考のために
私が行っている売買手法をお伝えしようと思います。

私が行っている手法は、
統計的優位性」、つまり市場の偏りを見つけて、
良いタイミングで売買をする方法です。

簡単にいうと、

どのタイミングで売買するか?
どこからどこまでの値幅を獲りに行くか?

ということになります。

市場は通常、ランダムに動いていますが、
大口投資家や大衆心理により、
値動きがパターン化している時があります。

そのパターン化しているタイミングを狙って
トレードを行うというものです。

そう考えると、
トレードで利益を挙げやすいタイミングは
決まっているということになります。

一般的で分かり易いのが、以下の3つです。

■ブレイクアウト
『株価が高値を更新したら、さらに上昇する』。

その仮説をもとに、高値を更新したタイミングで
買いを入れる手法をブレイクアウトといいます。

■押し目買い・戻り売り
市場に買い手が増えてくると、
上昇トレンドが形成されます。

その上昇中に一旦下落したところ(押し目)で買うのが、
押し目買いといいます。

逆に売り手が増えてくると
下降トレンドが形成されます。

その下落中の一旦の上昇(戻り)を売るのが
戻り売りといいます。

■オーバーシュート

暴落時や暴騰など、
価格が行き過ぎた変動が起きた時に
株価が戻っていくタイミングでエントリーする手法を
オーバーシュートといいます。

もちろん、これは基礎です。

この基礎を基に、
きちんと検証をした上で
有効なタイミングを見つけてトレードを行えば、
利益を出せるトレーダーになれるわけですが、

多くの初心者の方は、
基礎を学んだとしても殆どの人が
失敗に終わっています。

どうしてでしょうか?

その一つは、
検証」を行わないことが原因です。

マーケットタイミングを見つけて
売買をするにしても、

①機械的に検証をする方法と、
②毎日パソコンに張り付いて市場を観察し、
偏り(マーケットタイミング)を見つけ出す方法があります。

のどちらかの検証を行い、
分析をする必要があります。

しかしながら、残念なのが、
殆どの初心者は、①②を自分でやらずに
マーケットタイミングを人から聞いたものを鵜呑みにしたり、
本を読んだものを鵜呑みにしたりしています。

自分で検証を行うスタンスであれば、
基礎をアレンジしただけでも
充分に良い売買タイミングが見つかるというのに、

大切な検証を人任せにして、
こたえだけを聞こうとするから、真
実が理解できずに負けてしまうのです。

基礎検証の方法を学ぶことが
個人投資家が勝てるようになる第一のステップです。

投資で成功するということは、
自分で判断できるようになることが

前提だということを知っておきましょう。

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です