ETF・日経先物売買手法

本日の日経平均は、ギャップリバーサル上昇

こんにちは、村居孝美です。

 

本日の日経平均は、

大きくギャップダウンして始まったものの、

ギャップリバーサル上昇で終了。

 

本日の日中売り

負けてしまいましたが、

代わりに、押し目買い

本日、利益確定となりました。
複数のロジックを運用していると、

こういう時に、バランスがいいですね。

 

因みに、昨日から個別株を、

空売り保有中です。

 

日経平均 日足チャート

 

さて、今日は、

ロジックを作る際の注意点を一つ、

カーブフイッッティング」について

お話をします。

 

システムトレードでは、
「カーブフイッッティング」

という落とし穴があります。

これは、フイルタを多く使い

成績を良くし過ぎることで

過去にこじつけ過ぎた売買ルールになり、

未来には再現しないものになってしまうです。
 

この失敗は、

負けることに抵抗が強すぎる

完璧主義の傾向がある人に多いのですが、

損失が嫌で、

勝率が高くないと受け入れられないことから、
フィルターを沢山使いすぎてしまうようです。

フイルターはなるべく少な目

シンプルにした方が、未来にも通じやすいです。

このタイプの人は、
まず損失を許容することを覚悟して、
シンプルなロジック

損失になれることからスタートです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。

” alt=”にほんブログ村 株ブログへ” width=”88″ height=”31″ border=”0″ data-src=”//stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif” /> ” alt=”にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ” width=”88″ height=”31″ border=”0″ data-src=”https://b.blogmura.com/futures/225/88_31.gif” />

 

” data-src=”https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_2/br_c_2664_2.gif” />
トレード日記ランキング

 

 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です