日経先物売買手法

プロたちの売買戦略を知る

こんにちは、 

シストレがうまくなる
KENSHIRO-225 開発者の村居孝美です。
 

裁量トレードをやっていた人が

システムトレードを始める時って、

実は、ひとつの壁を突破する

必要があるんですよ。

 

私もかつてはそうでしたから、

よくわかるんです。

 

じゃあ、その壁って何なのか?

 

思い込みの壁なんですよ。

 

私も最初は、チャートを見ながら、

裁量トレードを行っていましたし、

 

「チャートの様々な条件を合致した時に

エントリー・エグジットをする」

というやり方をしていました。

 

これもシステムトレードといえば、

システムトレードなんです。

 

システムトレードって、

機械的に売買することを言うので、

売買ルールがあれば、

それはシステムトレードと言えるんですね。

 

そこが壁を作ってしまう

理由なのかもしれない。

 

だから、私が本格的に

機械的にしようとしたときに、

ギャップが起きたんですね。

 

本当に機械的に

システムトレードをするなら、

それに合った戦略(アイディア)というもの

があるんです。
 

そして、

バックテスト(検証)をして、

統計的優位性を確認し、
作り上げる。

 

さらに、

フォワードテストをした後で、

計画的に売買をするわけです。

 

ですが、最初はどうしても

今までの裁量トレードを
システム化したくなるんですよね。

で、いざ
バックテストをしてみると、

 

思っていたより、

よい成績にならないんです。

 

この事実を受け入れるのに

時間がかかりましたね。

 

「そんなはずはない」と、

何回も何回もバックテストをやりましたとも

 

事実を受け入れて、

思い込みが外れてみたら、
 

どうしてこんな難しい条件を
やろうとしてたんだろうって気が付きました。

 

シストレには、シストレの

売買戦略というものがあるんです。

 

裁量トレードの時は、

無意識にテクニカルの条件とは違う

環境認識を入れていたから

勝てていたんだと思います。

 

「郷に入れば郷に従え」とはこのことです。

 

システムトレードで成功している

著名な人たちの本を読んでみてください。

 

裁量でやっているような手法とは、

まったく違う戦略なんですよね。

 

そこからです。

私がプロたちの戦略を

研究し始めたのは・・・

 

「トレードの成功哲学」の277P

著者 村居孝美

 

 

 

 

KENSHIRO-225トレード体験 

8ステップオンライン講座

 

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

 


トレード日記ランキング

「楽して稼げる株式投資」の常識・非常識

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。