コラム

人間万事塞翁が馬

「人間万事塞翁が馬」

昔、中国の北方に住む異民族を総称して胡と言い、漢民族から大変恐れられていた。

これはその胡の地との国境に位置する城塞のあたりの話だ。

 
 
この地に占術などに通ずる老翁が住んでいたが、

ある時いわれもなく翁の馬が胡の地に逃げてしまった。

南船・北馬と言われる北の大地で馬を失ったことを、

近所の人が気の毒がって慰めに来てくれた。

すると翁は一向気にとめる様子もなく言った。
 
 「これがどうして幸福に転じないことがありましょうぞ。」

 
果たして数カ月もたつと、その馬はどうしたわけか胡の良馬を引き連れて帰って来た。

人々はさっそくお祝いの言葉を言いに来たが、
 
 「これがどうして禍に転じ得ないと申せますか。」
 
 と、少しもうれしそうでなかった。
 
 
翁の家は良馬に富むようになったが、やがて乗馬の好きな息子が、

馬から乗り落ちて股の骨を折ってしまった。

ビッコになった息子をかわいそうに思った村人は、また翁を慰めにやって来た。
 
 「いやいや、何でこれが幸福にならないことがありましょうぞ。」
 
 翁は依然として平気のへいざであった。

 
 
 その後一年たった頃、胡人が城塞になだれ込んで来た。

村の若者という若者は弓を引いて戦い、十人の中で九人までも戦死した。

しかし翁の子は不具者であったため戦争に駆り出されず、父子ともに無事であったという。

『淮南子』の〈人間訓〉

このお話の本意は《偶然と見えることも皆人間が自ら招くものだ》

と言うところにあるらしい。

まるで一喜一憂せずに、淡々と売買を行っているトレーダーのようなお話である。

あなたがもし、本日大きな含み益になったら、
「何のこれがどうしてプラスに転じないことがありましょうか」

それから反発して3倍の含み益になれば、
「これがどうしてマイナスに転じないといえますか」

もし、3倍の含み益だったものが、トレーリングストップまで株価が下がり、
少しの利益でエグジットになったら、

「これがどうしてプラスと喜べないのでしょうか」

果たして、あなたはそう思えるだろうか?

「楽して稼げる株式投資」の常識・非常識

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。