コラム

「強欲に注意」:乱高下相場に、振り回されているあなたへ

こんにちは。
スーパートレーディングスクールREED
校長の村居です。
 

最近の日経平均は、
乱高下が続いていますね。
 

株価が50円下がり・・・
100円下がり・・・すると、
腫れ物に触ったように痛みを感じ、
 

株価が上がったら、
逆に気持ちが高揚する。
 

もし、そんな売買をしているなら要注意です。
 

特に最近のような、
高値を付けてから暴落した後のような時期は、
 

ポジション整理の思惑から、
トレンドが出たかと思ったら、すぐに逆に動いたりなど、
 

値幅が大きいままでありながら、
10月の選挙相場(上昇相場)とは、
違った傾向になっていますから、
 

取り返そうとする気持ちがあると、
振り回されてしまいやすいのです。
 

値動きで感情が一喜一憂してしまい、
戦略通りトレードが出来ていないということは、
ありませんか?
 

それは、
あなたが保有するポジションの大きさが
大きすぎる、という警告なのかもしれません。
 

私には、今の相場は、
トレーダーにとっての大きな敵が、
牙をむきだしにしているように見えます。
 

「大きな敵」とは、何でしょうか。

 

それは「強欲」です。
 

これまでの上昇相場が忘れられない。
 
しばらく前までにあった利益が忘れられない。
 
それをなんとかして、
「すぐに」取り戻したい。
 

その強欲さが、
あなたに大きなリスクをとらせ、
 

期間リスクや変動リスクに
耐えられない状態にしてしまうのです。
 

そもそも市場では、
人間が予測することは不可能だ
ということを知っておきましょう。
 

トレードは、
不確実性の中で確率的に戦うゲームであり、
ピンポイントで当てることは、
絶対にできないのです。
 

あなたの心の中の「強欲」が、
市場に入りたい、入りたい、と声を上げていたら、
 

あえて、その声がおさまるまで、
数日、取引を休んでみましょう。
 

そうすると、
客観的に、冷静に相場を見られるように
なってきます。
 

 
「今」あなたの手元に今ある資金に、
見合ったポジションサイズになっているかを、
十分に確認してみてからでも、
遅くはありません。
 

市場は、いつでもそこにあるのです。
 
 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です