コラム

トレードシステムとの関わり方を選択する

トレーディングで利益を挙げるためには、

トレーディングシステムという武器を持たなければならない。

それは体系化された売買ルールともいえるものだ。

そのトレーディングシステムを構築、

あるいは選択をどのようにして手に入れればよいのか?

その武器であるトレーディングシステムとの

かかわりあいをきちんと把握することが先決だ。

私が行っているトレーダー教育の授業では、

トレーディングにおけるビジネスプランというものを作成してもらうが、

その中に、「トレーディングシステムに

どのような立場で関わっているか」を答える項目がある。

トレーディングに関わる会社と特徴は、大まかに分けると以下のようになる。

①トレーディングの基礎あるいは売買手法を学べる会社

→内容が詳しく分かるので知識を習得するのに良いが、

自分に合った売買ルールは、自分で構築しなければいけない。

②売買シグナルや推奨銘柄を配信する会社

→努力なしで簡単に売買ができるが、売買ルールは教えて貰えないので不安。

③トレーディングソフト等(最近ではバックテスト機能付き)のソフトを提供する会社

→機能が充実しているが、知識がすでにある方であり、インターネットに強い人で

ないと難しく、自分に合った売買ルールは、自分で構築しなければいけない。

④売買システムを売っている会社

→売買ルールは公開していないので不安。

そのシステムが使えなくなっったら、また違うシステムを購入しなくてはいけない。

とまあ、このようになるわけだが、

このような方法から、自分に合った関わり方はどれだろうか?

これによって、トレードにおけるビジネスプランは大きく変わってくる。

私がトレーディングを始めた頃は、①を目指していたが、

昔はインターネットがあまり得意な方ではなかったので、

一緒に習い始めた若い友人に聞きながら練習をしていたのだが

、結構嫌がられて、年下の人に「そんなものぐらい自分で考えてください」

と言われて、傷ついたこともあった。

そうしながらも、様々なところへ習いにいき、研究を続け、

自分を成長させる自己投資を行ってきた。

私の場合は、そもそも起業家だったから、

「投資教育の会社を起業する夢」というものが

あったからこそ、成し遂げたことだったと思う。

しかし、個人投資が何年もかけて勉強と研究を続け、

それに伴うお金を使いつづけ、やっと成功できるのが真実だ

ということが分かったとしたら、

それが出来る人は少ないのではないだろうか?

かといって、シグナルだけを信じて盲目的に売買をすることは、

そのシステムがよかろうが悪かろうが、

人間の心理から考えると長続きしないだろう。

よほどその人の信者にならなければ無理だ。

今の日本の投資における環境は、

確かに昔よりはよくなっているが、

個人投資家にとってはそう簡単に儲けさせてくれる

とは思えないのが現状であり、

ゼロサムゲームなら仕方のないことだともいえる。

そこで私は、投資で成功している人には、

「甘い」と怒られるかもしれないが、

あえてこの隙間にチャレンジしてみた。

私が検証した、日経225先物における

現実に使っている売買システムを公開し、

授業に取り入れて基礎から体系的に教える。

そして売買サインを出すソフトも提供するわけだ。

従って、自分でエクセルを使って検証する必要も、

売買手法すべてを覚えて、自分でシグナルを探す必要もない。

その代わり、手動で過去のシュミレーションを行わせることで、

売買システムを体に納得させることを試みる。

それでもきちんとしたマスタリーになるまでには、

少なくとも半年以上かかることだろう。

売買システムの内容を公開することは、

皆さんもおわかりのとおりリスクが伴う。

誰かに盗まれてしまう恐れもあるし、

売買ルールだけを知るために授業を受ける人もでてくるだろう。

もし、システムが使えなくなったら、

弊社がシステムをリニュアルして

いかなくてはいけない手間もあるわけだ。

それでも、あえてこの道を選んだのは、

今のままでは私のターゲット層は

成功することが難しいと考えたからだ。

なぜならば、トレーディングで勝つためには、

技術や知識よりも心理の方が大きいからだ。

心理の上に、知識や技術がのっている

といった方がわかりやすいだろうか。

なのに、知識や技術のところで立ち止まってしまうと、

知識や技術ばかりに焦点をあててしまうことになり、

肝心な問題が解決しないことになる。

トレーディングでの問題は、その人の家庭の問題でもあるし、

人生にも共通する問題でもある。

その大事な問題を見つめなおし、楽しい人生を送るためには、

もっと重要なことに気がつかないといけない。

トレーディングの成績は、後からついてくるといっても過言ではないだろう。

*余談だが、私の会社では、テクニカルとエクセルを使わないシステムトレードの両方を教えているが、「どちらがいいのか」と聞かれたら、「好きな方がいい」と答える(笑)

しかし、今のところ弊社では、テクニカルよりもシステムトレードの方が成功している例は多い。

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です