コラム

トレーダーよ!大志を抱け

三国志の劉備玄徳が諸葛孔明の協力を得るために、

孔明の住んでいた草のいおりを三度訪れてまで

礼を尽くしたといわれる「三顧の礼」というものがある。

大きな志をもっていた先帝が、

卑しい身分の孔明に対して極めて謙虚にふるまい、

しかも三度も訪ねてくれ現在なすべきことを下問された。

これに感激し賢明にお仕えしたといういきさつのことだ。

さらに西漢の高祖劉邦と天下を争った項羽が

若い頃、叔父が書を学ばせようとすると、

書は、自分の名前が書けさえすればよい、

といって学ばない。

剣道を教えようとすると、

一人の敵を相手にするだけだ、と断ったという。

それよりも万人を相手とする戦術を学びたいというので、

項羽に兵法を学ばせたという。

項羽もまた、すでに大志を抱いていたといえよう。

トレーダーの中で負けている人の多くは、

一回、一回の勝ち負けにこだわり、

負けた損失にうなだれ、

心が折れ、

意気消沈していく。

しかし、劉備や項羽のように大志を抱き、

将来の展望に焦点をあて、大局的な考え方を

もっているトレーダーにこそ、マーケットの女神は微笑んでくれる。

今こそ、今までの自分を捨て去り、大きな大志を抱こうではないか。

「楽して稼げる株式投資」の常識・非常識

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。