コラム

【嫌でも儲かってしまう解放の呪文】

★損をしてもいい
★どうせ儲かってしまう

私たちが「連続負け」や「1回の損失」を恐れるのは、
資金を大きく失うのが怖いからです。

「損をしてもいい」「どうせ儲かってしまう」と
いう言葉は、その恐怖を否定します。

最初から儲かる方法をやっているんだから、
「何をしても、しなくても、リスク管理をしていれば
資金がすべてなくなることはないんだよ」。

大数の法則により、もともとは
チャラになるようになっているんだから、
「資金がなくなってしまうことはないんだよ」

どうせ無くなることはないんだから、
「損をしてもいい」のです。

★損をしてもいい
★どうせ儲かってしまう

これが腑に落ちた時、
今まで見ていた世界は変わります。

どうせ儲かってしまうのだから、
何もできなくても、怖がらなくても、
儲かってしまうのです。

だから、必死に株価を目で追い、
買ってみたり、売ってみたり、
必死に頑張らなくてもいい。

自分が優位性のある行動を取り続けていけば、
成績が向上して、
みんなを笑顔に巻き込んでいくのです。

「損をしてもいい」「どうせ儲かってしまう」
そうつぶやいて、声に出して言ってみる。だけで、
「どうせ儲かってしまう」という「証拠」が
現実に確認できるようになります。

「連敗をしても、株価が反対方向に動いても、
最後には利益が出る」
ことをこころから信じられているとしたら、
それが大前提だとしたら、

あなたは、
・何をやめますか?
・何を始めますか?

私は、マーケットを眺めていたり、
裁量を加えたりすることをやめました。

そして、優位性のある売買ルールを理解したり、
資金管理を10%以内に管理したりすることをはじめました。

それを行動に移したとき、
人は改めて「ああ、儲けることができるんだ」
と感じられる「証拠」を手にするのです。

「損をしてもいい」
「どうせ儲かってしまう」
この二つの「解放の呪文」を
声に出して言い続けて下さい。

すると、とても不思議ですが、
今まで上手くいかなかったことが上手くいったり、
悩んでいたことが解決したりします。

自分が変われば周りも変わるのです。

「解放の呪文」とは、自分を変える言葉なのです。

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です