コラム

あなたの苦労は報われる?

まずは、以下の物語を読んでみよう。

「窮屈サイズの報酬」

ある男が靴屋に入ると、向こうから優しそうな店員が近づいてきた。

「何かお探しでしょうか?」

「ショーウインドウにあるような靴が欲しいのですが」

「かしこまりました。そうですね、お探しのサイズは・・・・四十一号、ですね?」

「いや、三十一号をお願いします」

「あのう、お客様、私この道二十年になりますが、お客様のサイズは四十一号かと。ひょっとすると四十号かもしれませんが、三十九号ではございません」

「三十九号をお願いします」

「申し訳ございませんが、足のサイズを測らせて頂いてよろしいでしょうか?」

「どうぞご自由に。でも私は三十九号の靴が欲しい」

定員は引き出しを探って、サイズを測るのに使うあの奇妙な器具を取り出し男の足を測ると、満足げに言い放った。

「ほら、私のいったとおり、四十一号です」

「あのですね、誰がその靴を買うんですか、あなた?それとも私?」

「お客様です」

「よろしい、それでは三十九号の靴を持ってきて貰えますか」

店員はしぶしぶ三十九号の靴をとりにいった。

そしてその男は靴べらを使って何度も何度も、馬鹿げた姿勢を取ってみたり悪戦苦闘して、やっと男は靴の中に足をはめ込んだ。

うめき唸りながら難儀そうに何歩か歩く。

「大丈夫です。これを貰います」

店員は三十九号の靴の中で圧迫されている指を想像するだけで、自分の足が痛くなるほどだった。

男は店を出て、仕事先のある三つ先の通りまで歩いた。男は銀行の窓口係りだった。

午後四時半、靴に足をねじ込んでから六時間以上がたったころ、男の表情はゆがみ、充血した目からはおびただしい涙がこぼれてきた。隣の窓口から見ていた同僚は気が気でなかった。

「どうした?体調でも悪いのか?」

「いや、靴のせいだ」

「靴がどうかしたのか?」

「きついんだ、二サイズ小さい靴だから」

「足は痛くないのか?」

「痛くて死にそうだよ」

「いったいどういうことなんだ?」

「それはね」

唾をごくりと飲み込んで、男は話し始めた。

「私は生きていても大きな満足感を得られない。実際、最近は気分の優れるときがほとんどない」

「それで?」

「今靴がきつくて死にそうだ。ものすごく苦しいよ、本当に・・・・・・でもこれがあと二時間もすれば、家について靴を脱ぐ。なあ、そのときの喜びを想像できるか?最高だよ、おい、最高だ」

情報源:ホルへ・ブカイ「薯」童話セラピー

この話を読んでどう感じ取っただろうか?狂っているみたいに感じた人も多かったはずだ。我々は苦労をすれば報われるという考え方があり、苦労をしないで成功した人には批判があるのが一般的だが、本当にその考え方でいいのだろうか。

現代の競争社会が当たり前のように育った私達は、苦労して人より一歩出しぬくことで偉いと感じたり、褒められたりすることで習慣化されてしまった。

しかし、それは勝ち組と負け組みをつくっていくだけではないだろうか。永遠に出口がないラットレースを走っている感じがするのは私だけだろうか。

本来、本当の喜びとは、人を出し抜くことではないはずだ。すべての人が幸せになりたい、そう思っているはずだ。

国、人間どうしの競争という枠組みから、まったく新たな枠組みを考える必要があるのではないだろうか。

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

POSTED COMMENT

  1. coni より:

    SECRET: 0
    PASS:
    芥川龍之介も似たようなこと言ってる。
    でも芥川的にはラットレースから抜け出すには
    自殺しかなかった。

  2. 村居孝美 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >coniさん

    コメントありがとうございます(笑)

    さて、芥川龍之介は、coniさんのおっしゃるとおり自殺をしたと言われていますが、幕末の志士、坂本龍馬は、今のような時代の変わり目に、新しい枠組みをつくることに成功した一人だと私は思っています。

    「日本の中で争っている場合出ではない」と日本を一つにまとめたように、今度は世界を一つにまとめる政策を行ってほしいものです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です