コラム

自己責任という習慣を味方にする

夫婦喧嘩をしたとき、一般的に「こうなったのはあなたのせいよ」「いや、お前のせいだ」とののしりあうことがある。「こうなったのはあなたのせい」と言われたら誰だって気分を悪くするはずだ。

仮にどちらが正しいかを第三者に評価してもらい、その第三者が「それはあなたのせいではないよ」と言われたらほっとするかもしれない。あるいは、「ほらみたことか」と胸をなでおろすかもしれない。

しかし第三者が何をいおうが、それはその人の価値観でしかない。あるいは、歪曲して捉えているかもしれない。

そんな一人の意見で結論を出すのは、おかしいということはおわかりだろう。

昔から「喧嘩両成敗」という言葉がある。

そう、現実的には自分に起きていることは、たいてい自分の責任であることが多いのである。昔から、小さな選択をして積み重ねてきたのは自分自身であるからだ。その結果が今の状況というわけだ。

ではトレードではどうだろう。

今自分の資金が減っているとしたら、それは誰のせいだろうか?

マーケットが悪いのか?あるいは教えてくれた指導者が悪いのか?

はたまた、ガセネタをつかませたアナリストのせいなのか?

現実に起きていることと、自分の行動が矛盾すると人はたいてい自己正当化したいものだ。残念なことに自分の失敗は、自分のせいではないと思いたいのが私たち人間ではないだろうか。

しかし誰かのせいにしているときや、何かのせいにしているとき、あなたの成長は止まっていると考えた方がよい。早く考え直さないと、その間にあなたの口座から、みるみると資金が減っていく可能性があるからだ。

こういう時こそ自分と向き合い、
これは自分の責任だという考え方を持ち、

トレーダーとしての在り方を変えれば、
あなたのトレードはみるみる変わっていくだろう。

そう、答えは自分自身の中にあるものだ。

エンジュクさんのコラムでも書いています。

http://murai.enjyuku-blog.com/archives/2009_06_post_20.html

「楽して稼げる株式投資」の常識・非常識

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。