日経先物売買手法

シストレで運を味方にする方法

こんにちは、

日経225・ETF取引のシストレがうまくなる!
KENSHIRO-225 開発者の村居孝美です。

 

 

今日は、システムトレードの

七不思議について

お話をしようと思います。

 

例えば、

同じような売買ロジックを

運用している人が二人います。

 

違う日にスタートをしたら

違う成績になるのは、

当たり前だと思うのですが、

 

同じ日に始めた人でも

成績が天と地の差に

なることだってあるんです。

 

今までに、何度も

そのような人を見てきました。

 

じゃあ、

どうしてそれが起きるのか?

 

その正体をお伝えします。

 

トレードというのは、

コツコツ利益を積み重ねて

いくわけじゃあないからなんです。

 

「えっ

なんだって?」

 

もう一回言いますね。

 

トレードは、

コツコツ稼いでくれるものではなく、

コツコル負けて、ドカ~ン

と利益になったり、

 

コツコツ勝っていたのに、

ドカ~ンと負けることもあるんです。

 

「そりゃそうだわね。

 

だけど、それがどうして

同じ日に運用を始めた人が

違う成績になるのさ?」

 

例えばですよ、

コツコツ負けていたとする。

 

その後に、ドカ~ンと

利益になった日があったとするよね。

 

もし、何らかの都合で、

その日を

売買しなかったとしたらどうなる?

 

「それは勝てないですね」

 

だろ?

 

じゃあ、

コツコツ勝っていたから、

こんなに調子がいいなら、

モット資金を増やそうと思って

 

資金を増やした途端に、

ドカ~ンと負けたらどうだ?

 

「それは最悪だ」

 

だよね?

 

こういうことが

現実には起こっているんですよ。

 

「な~るほど

理由は分かったんだけど、

どうすればいいんだ?」

 

こういうのを聞いたことない?

 

株が上がっていってるから、

飛びついて買ったんだけど、

 

買った途端に下がってくるとか・・・

 

 

「それ、あるあるだよね」

 

そうなんですよ、

 

それと同じで、

トレードの成績も

よくなったり悪くなったりするんだけど、

 

みんな、調子のよい時に

資金を増やしたり、

 

調子の悪い時に、

枚数を落としたりする。

 

そうすると、

反対の結果になることが多いんですよ。

 

「へ~びっくり」

 

だから、その成績の波に乗るためには、

感情と逆の考え方をする必要があるのさ。

 

「なるほど~そういうことなんですね」

 

そうそう、

これが正常な考え方の人が

負けてしまう理由でもあるんだ。

 

「へ~運用の仕方が大切ってことが分かった」

 

それはよかった。

 

システムトレーダーは、

この流れを

味方にすることがコツなんですよね。

 

運を味方にするってやつです。

 

うまく活用してみてね。

 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です