日経先物売買手法

シストレの成功する運用方法、失敗しやすい運用方法

こんにちは、

シストレがうまくなる
KENSHIRO-225 開発者の村居孝美です。

 

今日は、重要な運用の考え方

についてお話ししたいと思います。

 

その中でもよくある失敗について

以下のことがあげられます。

 

・売買を始めた金額からマイナスになったら止める

・最大ドローダウンになったら、システムをすべて止める

 

「なぜ、そのような考え方になってしまうのか」

ですが、

リスクを受け入れておらず、

ネガティブな感情で

フォーカスをしているからです。

 

まずは、以下の図1をご覧ください。

 

 

こちらは、仮に、私がブログで

リアルフォワードを公開している

運用方法と枚数で、

 

Aさんが、

5/1から運用をスタートした

Aさんの 6/9までの結果を表したものです。

 

これを見ると、

運用を始めてから、

-40,968円のドローダウン中ですね。

 

この状況ですと、

長期的な視点で見ておらず、

大きい視野を持たない人は

 

もし、運用資金がマイナスだから

売買を止めたくなってしまうかもしれません。

 

次に、図2をご覧ください。

 

こちらは、3/1から運用を始めた

Bさんの 資産グラフです。

 

6/9現在で、

すでに+333,300円となっておりますね。

 

同じ売運用方法であっても

6/9時点での損益結果と

見え方が違うのがわかります。

 

 

 

最後に、図3が、お二人ともやめずに

9/15まで継続をした結果になります。

 

これを見ると、

Aさん、Bさんともに、利益となっておりますね。

 

もし、6/9時点で運用を止めてしまったら、

折角のチャンスを逃していたところでした。

 

この図を見ると、最大ドロダウン後に、

グッとリターンが伸びているのがわかる

と思います。

 

システムトレードの面白いところは、

・運用をやめる人が多くなると調子が良くなり、

・運用をやる人が多くなると、調子が悪くなる

傾向があるということです。

 

通常の人間の感情とは、

真逆に行動をしないと

勝てないということですね。

 

ですので、運用の考え方が、

かなり重要になります。

 

私の運用基準では、

運用しているロジック全体の

最大ドローダウンに到達したら、

 

最大ドローダウンに達している

売買ロジックを調べて、

 

そのロジックの

「エッジがなくなっていないかを調査する」

のが最初に取る行動です。

 

調査してみた結果、

・エッジが無くなっていそうな場合

・今は調子が悪いだけそう

なものがあると思います。

 

エッジが完全に

なくなっている場合は外すとして、

 

今が調子悪いだけの場合は、

今から良くなることもよくありますから、

その場合は、以下の対策を取ります。

 

・もうしばらく様子を見て監視する

・枚数を減らす

・一旦、外して様子を見る

 

ここで大切なことは、

成績を見てネガティブな気持ちで

判断をしないこと。

 

冷静な事実をフォーカスし、

対策をすることです。

 

これが出来るかできないかが

成功トレーダーかどうかの

分かれ道なのかもしれません。

 

では、頑張っていきましょう。

 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

POSTED COMMENT

  1. 山形京子 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは! 山形です

    1つ教えて頂きたい事があります。
    自分自身が耐えられる想定内のドローダウンと最大ドローダウンとは違いますよね?
    耐えられる範囲のドローダウンがよくわかりません
    自分自身の問題なんですか?

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >山形京子さん
    最大ドローダウンの金額、ドローダウンの期間の長さを自分が耐えられる範囲にしておくことです。
    耐えられない場合は、枚数が大きい過ぎるか、余裕資金が足りないということになります。
    10月の頭頃にラジオ番組を開始する予定でいますので、
    こちらのご質問につきましてももう少し詳しくお話しさせて頂こうと思います。
    (ラジオは録画ですから時間がある時に視聴頂けます)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です