売買ロジック修正報告

7月の成績を見ての反省点

こんにちは、

シストレがうまくなる
KENSHIRO-225 開発者の村居孝美です。

 

7月の成績は、利益で終わった口座と

損失で終わった口座に、

命運が分かれました。

 

6月に修正したローソク足の数値が

5円違うだけで、

 

月末に、調整局面日中売り

売買されたかされないかの違いがあり、

 

その日の500円以上の利益が

取れた口座、取れなかった口座に

分かれたということです。

私の場合は、

4つの口座で運用していて、

口座によって数値が微妙に違っていたことで、

売買された口座とされなかった口座がありました。

 

結果からお伝えすると、

緩い条件の方が良かったということです。

 

因みに、ブログで公開している

7月の成績では、

売買されなかった条件で掲載しています。

 

ですので、7月の結果は、以下の通りです。

 

ですので、ブログで公開している条件も

本日から若干緩い条件に変更しました。

 

条件を変更しても

過去の成績は変更していませんので、

 

過去の成績はそのままで、

未来の成績のみを

条件変更した結果で追加していきます。

 

そして、もう一つ

 

27日~31日までの特定日を

入れなかった場合と入れた場合でも、差が出ました。

 

傾向としては、27日~31日までの特定日は、

傾向があったのですが、

 

今回は、米GDP速報値のイベントと

重なっていたために、

そちらの傾向に軍配が上がったということです。

 

そこまで頭が回らなかったことが、

今回のミスでしたね。

 

2018年にトランプ大統領になってからのイベントは、

かなり重要な要素となっています。

 

つぎからは、気を配っていこうと思います。

 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です