日経先物売買手法

テクニカル指標で負けるワケ

こんにちは、 

シストレがうまくなる
KENSHIRO225 トレードマスター
の村居孝美です。
 

テクニカル指標は、使えるの?
そういった悩みをよく聞きますが、

トレードを始める人の中では、
テクニカル分析を学んで、

オシレータなどの

テクニカル指標を使って

売買をする人が多いからです。

 

スクールでも、

その方法を教えている方が

多いと思います。

しかし、残念ながら、

テクニカルを学んだ

多くの人が
最初にぶつかる問題があります。

 

テクニカルを学んだ多くの人が
経験値が足りないと

負けてしまうのは、

 

テクニカル指標は、

【あるものと組み合わせると使えるものになる。】

ということを

理解できないからです。

勝てない人は、
様々なテクニカル指標を
沢山、組み合わせて使うことになり、

さらに勝てなくなるという罠にも
陥ることも多いでしょう。

それでも勝てないのはなぜ?

そんな悩みを
お持ちの方が多いと思います。

それはズバリ、
あることを理解されていないからです。

それを一発で理解できるのが、
検証をすることです。

以下の検証結果を見てください。

これは、

あるテクニカル指標を使った

スイングの検証結果です。


 

勝てる年もありますが、

5年連続負けている年もああり、

これを継続的に続けるのは難しいと思います。

 

これに、ある条件を加えた検証結果がこちらです。

 

2006年~2019年までで、

負けているのは一年だけになりました。

 

いかががでしょうか?
 

裁量トレードで

テクニカルをやっている人が

うまくいっていないのは、

ある視点が足りないからだとわかります。

 

システムトレードでは、
このように過去の検証によって
相場のことを理解できることができます。

大衆が知らない視点こそが、
トレーダーが儲けることができる
優位性なわけです。

 

KENSHIRO-225トレード体験 

8ステップオンライン講座

 

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

 


トレード日記ランキング

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です