日経先物売買手法

システムトレードで失敗している人のなぜ?

こんにちは、村居孝美です。

 

「システムトレードで失敗している人のなぜ?」

の一つに、「負けるを受け入れていない」というのがあります。

今日は、その乗り越え方をお話ししようと思います。

 

システムトレードというと

一つの売買システムを運用するのが

一般的です。

 

そこで、トレードの本質をおさらいすると、

トレードは、毎回勝てるわけではなく、

勝ったり負けたりしながら、

トータルで利益が残るということです。

 

ここで落とし穴があるのが

「負けたり」という部分です。

 

「負ける」を

乗り越えないといけないのが第一関門。

 

これが受け入れられないのが

多くの人がトレードで失敗する理由です。

 

裁量トレードなら、

人のせいにできないので仕方なく

続けていくかもしれませんが、

 

システムトレードですと、

 

良いシステムであっても
「システムが悪い」となりやすい。
 

もし、誰かが作った、

中身がわからないルールだと

なおさら、すぐにやめてしまう人が多いです。

 

「どんなに良いシステムであっても」です。

 

では、どうやって「負ける」を乗り越えるのか?

ここで重要なことは、

「負け方を考える」です。

 

負けるのがうまい人が

トレードでは勝ち残っていくのが定石です。

 

私のシステムトレードは、

10個の売買ロジックを同時運用しているからこそ、

安定感が出ます。

このポジションサイジングは、
リスク・資金管理にはいります。

 

売買ロジックが少ないと
勝てないわけではありませんので、

勘違いしないでほしいのですが、

通常なら、

「負ける時期が10か月ぐらい続いたのち、

残り2か月でド~ンと利益が出て、

トータルプラスになる」ということもしばしばです。

 

利大損小ですから、
我慢が必要です。

 

ですが、この期間が長いほど、

不安に襲われ、自暴自棄に陥りやすいです。

ここを軽減する方法として、

複数のロジックを運用するのです。

 

10個のロジックを同時運用することで、

負ける時期が短くすることができます。

 

ですが、多ければよいというわけでもなく、

この組み合わせ方が重要です。

 

これについては、またどこかで書こうと思います。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

 


トレード日記ランキング

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です