日経先物売買手法

売買ルールを作る為のイベント分析

こんにちは。
スーパートレーディングスクールREED
校長の村居です。

売買ロジックを構築していく時には、
イベント分析が必須になります。
この検証を怠ってしまうと、
「たった1日で今までの利益が吹っ飛んでしまった」
と言うことになりかねないです。

このように村居式システムトレードでは、
いろんな視点からの検証も行います。

なぜなら、テクニカル分析の条件だけで
作った売買ロジックでは、
悪い時期に耐えられなくなって、
ルールを守れなくなってしまうからです。

特にイベントの時には、
手控えから流動性がなくなり、
短期筋が値動きを荒れさせやすくなります。

そのようなリスクが高い時に
冷静に売買ができる方は少ないと思います。

はじめから、このイベントはリスクが高いから
やらないほうがいいと分かっていたらどうでしょうか?
安心して休むことができますよね。

売買ルールと言うのは、
利益が出るタイミングだけのものではないのです。

やらない日を作るルールでもあるわけです。

主なイベントを書いておきます。

 

・雇用統計
・FOMC
・ECB政策金利発表
・日銀金融政策決定会合
・米国債償還日(利払い日)周辺の傾向
・SQ
・ダボス会議
・NY市場休場日
・FRB議長の議会証言
・日銀短観

「楽して稼げる株式投資」の常識・非常識

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。