日経先物売買手法

【売買ロジックを理解する為のサイクルとフェイズ】

短期売買や中長期売買の違いを
知っていますか?

そもそも株価の値動きには、
小さい波と大きい波が存在しています。

これこそが、
サイクルと呼ばれるものです。

サイクルは、小さい波が繋がり、
大きな波になってサイクルに
なっているわけです。

時間枠の違いは、
このサイクルに関わっています。

どのサイクルの波に乗るのかが
違うと考えて貰えばいいでしょう。

これが時間枠の違いです。
次に、どのタイミングで入るのか?
についても、いくつかのフェイズがあります。

サイクルは、横ばい、上昇、下降で
成り立っていますが、

横ばいだけでなく、
上昇や下降においても、
波を描きながら動いています。

その中で、反転、ブレイクアウト、
押し目、戻り売り、行き過ぎ、ギャップを
狙ったものがエントリータイミングの基本となります。

このタイミングを二つに分けたのが
順張りと逆張りです。

売買ロジックを作る時には、
このことを念頭に入れて作ると
理解しやすいと思います。

================================

▼まだ間に合う!直前セミナースケジュール

東京:5月17日(土)12:30~18:00
http://www.reed-jp.com/semi/t/

大阪:5月18日(土)10:00~17:00
http://www.reed-jp.com/semi/o/

福井:5月25日(日)12:30~18:00
http://www.reed-jp.com/semi/f/

===================================

初めてご覧頂いた方は、本ページに「いいね!」を
お願いします^^
https://www.facebook.com/super.reed

 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です