日経先物売買手法

想定内のリスクでうろたえない

こんにちは、 

シストレがうまくなる
KENSHIRO-225 開発者の村居孝美です。

 

いきなりだが、

伝説のトレーダー「タートルズの全貌」の本に

載っている彼らの月次の運用成績を見てほしい。

 

どうだろうか?

驚異的なリターンを出している彼らでも

月ベースでは負けているのがわかると思います。

 

なのに、初心者の人ほど、

少しの負けでも耐えられなくなる。

 

これは、上手くいかない人と賢者トレーダーとの

大きな違いでもあります。

 

システムトレードとは、

中長期的に繰り返されるエッジ(統計的優位性)を

取りに行くものです。

 

私たちの敵は、直近の傾向であり、

それに振り回される感情なのです。

 

直近の傾向は、

コロコロ変化していくもので、

 

毎日、それによって

成績の増減に振り回されていては、

 

折角の良い売買ロジックを持っていても

使いこなすことができません。

 

まずは、トレーダー自身の姿勢を育てることです。

 

ご自身が取れるリスクの範囲内での

ポジションサイズで練習を積むことが大切です。

 

例え、半年以上マイナスが続いたとしても

継続できるポジションと考え方を持ちましょう。

 

そのうえで、新しいリスクが出てきたら、

「売買ロジックにフイルタの条件を加えて排除する」

 

最大DDに達したら、

「売買ロジックを修正するか入れ替える調査をする」

 

やるべきことを淡々と行うことで、

長期的なエッジを獲得することが可能になるわけです。

 

少しでも、何か手動でやりたくなったり、

心がざわついたりしたら、

感情コントロールをしましょう。

 

その方法を学ぶことが

利益を得るための近道です。

 

KENSHIRO-225トレード体験 

8ステップオンライン講座

 

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

 


トレード日記ランキング

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です