コラム

最も大切な資金管理の方法

当スクールの入門セミナーなどでもやってますが、

1回のトレードリスクは資金の2%以内にするという事が

トレードを長く続けるコツになります。

では計算の仕方について、ケンシロウの資金管理の画面を例にしてみます。

最大ドローダウンを連敗数(真ん中と右側の赤枠)で割ると
1回あたりの損失額が分かります。

その金額が、合計運用資金の何%になっているかを確認しましょう。

添付の画像を見てみると、

最大DD -1,122,000を連敗数8回で割ると、

1回あたり140,250円となります。


合計運用資金に対してのこの金額は、1.25%なので

この場合はOKという事になります。


ここでは、全体リスク設定を10%にしてありますので大丈夫ですが、

20%にしていると2.5%になってしまいますので、

この場合は将来続けられなくなる可能性が出てくるという事になります。


人によって運用資金は違いますが、

金額が大きくなるにつれリスク設定は

小さくとるように気をつけましょう。

マーケットは平均的に利益をもたらしてくれません。


負けが続いた時に、じっと耐え続けることができたときに

マーケットが調子よくなってきて利益をもたらせてくれるものです。


そのチャンスのときに勝負する資金が残っていなくては

貰える利益も貰えなくなってしまうのです。


ご自身のリスク設定がどれくらいになっているのか

今一度確認してみましょう。

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です