コラム

テクニカル分析の罠

どうして、自分の思惑とは逆の方向に価格が動くんだ…?
誰かが自分のトレードを後ろから見ているんじゃないか…?

そう思ったことはないだろうか?

実際に私のところに相談に来られた投資家の方は、

「誰かが自分のトレードを後ろから見ているように、
買ったら下がる。売ったら上がる値動きに悩まされている」
とのことでした。

では、なぜ買えば下がり、売れば上がると思いますか?

それは多くの場合、個人投資家のほとんどが
決定的な間違いをおかしていることが多いのです。

個人の方が投資を始めると、
たいがい利益を上げていると思っている人の売買方法を
真似て売買していることが多いです。

例えば、同じ銘柄をエントリーしたり、
同じテクニカル指標を使って売買したり・・・。

それが原因です。

これは相場の本質を理解していないまま、
「利益を上げていると思っている人の表面的なツールや
銘柄を知ることができれば儲けることができる」

といった間違った信念が、
あなたを破滅に向かわせる典型的なパターンです。

相場の本質を理解したうえで、
どのタイミングでどのうように売買をしたらいいのか?

これを知らないかぎり、相場で利益を上げることはできません。

これを知ることができるのが「システムトレード」です。

でも・・・落とし穴があります。

「利益を上げている人の売買システムを手に入れることができれば儲けられる」

という信念を持っていれば、

「利益を上げていると思っている人の表面的なツールや
銘柄を知ることができれば儲けることができる」

という信念と同じことなのです。

ほとんどの投資家は、あなたと同じようなチャートをみて、
「このポイントならそろそろ上がるかな?
そろそろ下がるかな?」

など、同じようなポイントで同じことを考えているのです。

ジョージソロスの「大衆は常に間違っている」
と言われるのがこれにあたります。

トレードでは、大衆と同じ行動や考え方をしていると
負け組投資家の仲間入りとなってしまいます。

まずは、あなたの考え方を軌道修正することから始まるのです。

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です