日経先物売買手法

ケガをしない正しいトレードの始め方

受講生の方との過去の最大損失額(最大ドローダウン)を決めるやりとりで、

「100万のうち15万を無くしたら恐怖なのです。」

という言葉がでることがあります。

最大ドローダウンを決める際にはコーチングにより、

その人の感情に合ったリスクを決めることが大切です。

ですが・・・

基本的にはリスクを取れない人には、リターンはやってこないのです。

多くの人は、車やお買い物など、消費などにはどんどんお金を使いますが、

お金を殖やすための投資には、リスクをとりたがらないものです。

不思議ですがそうなのです。

例えば、

セミナーには大きなお金を使っている人が、

投資のリスクに使うのが怖いケースがあります。

そんな人に理由を聞いてみると

セミナーは知識として残っているからだと答えることがあります。

あるいは形として残っているからだと・・・

ふむふむ

投資は負けてしまったら何も残らないというわけです。

本当でしょうか?

お答えしたいところですが今日は答えは書きません(笑)

その反対で、リスクをとりすぎる人にもおしおきがやってくるもの。

じゃあ、どうすればいいのでしょう?

いい方法があります。

最初は最小限のポジションで売買を始めることです。

そこから少しづつ増やしていけばいいのです。

小学校のころを思い出してください。

泳ぎを覚えるときには、水に顔をつけることから始めませんでしたか?

まずは、マーケットを知り、慣れることから始めましょう。

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です