日経先物売買手法

トレーディングエッジを見つけろ!!

こんにちは。

スーパートレーディングスクールREED

校長の村居孝美です。

今日は「トレーディングエッジ」
について書こうと思います。

通常は、上がるか下がるかは、50%の確率です。
しかし、投資家のやり取りによって、
50%以上の確率の高いタイミングというのが存在します。

それを「トレーディングエッジ」といいます。

私たちシステムトレーダーは、
そのタイミングを元に売買ルールを作り、
売買を行っているわけです。

しかし、そのトレーディングエッジというのは、
市場が変化すると変わってしまうので、
トレーディングエッジが変化していないかを
定期的に見極めて、

もし、変わっていたら、
売買ロジックを作り直す必要があるのです。

では、こちらを見てください。

これは、日経225miniを
毎日、「始値で売り、終値で買い戻し」を行った検証結果です。
*日経225mini市場は、日経平均と連動している市場ですから、
日経平均株価でも同じような結果になります。

2001年~2010年まで、
毎日、この売買を繰り返しているだけで、
毎年利益が上がっているのが分かると思います。

これが時間帯の「トレーディングエッジ」です。

2001年~2010年までなら、
この「トレーディングエッジ」にテクニカルの条件を加えて、
売買ルールを作ればよかったわけです。

では、次に、最近の2012年~2018年をみてみましょう。

 

いかがでしょう?
損益累計がマイナスとなり、
勝率が50%以下となっております。
 

つまり、「トレーディングエッジ」が逆転しているといえます。

逆転しているということは、
「上がりやすい」トレーディングエッジに変わったというわけです。

こうなると、今までの売買ルールは止めて、
買いの売買ルールを作る方が懸命です。

時間帯のエッジがなくなったのに、
テクニカルフイルタを駆使して、
過去の成績をよくしようとすると、

再現性がなくなり、
未来は検証結果通りにならないという
落とし穴に陥ってしまうのです。

システムトレーダーは、
トレーディングエッジを追いかけることが宿命です。

トレードで利益を上げ続けられる
トレーダーになるためには、

ご自身で検証をして、
トレーディングエッジを見つけるスキルが
重要ということになります。
 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です