日経先物売買手法

トレーディングエッジを見つけろ!!

こんにちは。

スーパートレーディングスクールREED

校長の村居孝美です。

今日は「トレーディングエッジ」
について書こうと思います。

通常は、上がるか下がるかは、50%の確率です。
しかし、投資家のやり取りによって、
50%以上の確率の高いタイミングというのが存在します。

それを「トレーディングエッジ」といいます。

私たちシステムトレーダーは、
そのタイミングを元に売買ルールを作り、
売買を行っているわけです。

しかし、そのトレーディングエッジというのは、
市場が変化すると変わってしまうので、
トレーディングエッジが変化していないかを
定期的に見極めて、

もし、変わっていたら、
売買ロジックを作り直す必要があるのです。

では、こちらを見てください。

これは、日経225miniを
毎日、「始値で売り、終値で買い戻し」を行った検証結果です。
*日経225mini市場は、日経平均と連動している市場ですから、
日経平均株価でも同じような結果になります。

2001年~2010年まで、
毎日、この売買を繰り返しているだけで、
毎年利益が上がっているのが分かると思います。

これが時間帯の「トレーディングエッジ」です。

2001年~2010年までなら、
この「トレーディングエッジ」にテクニカルの条件を加えて、
売買ルールを作ればよかったわけです。

では、次に、最近の2012年~2018年をみてみましょう。

 

いかがでしょう?
損益累計がマイナスとなり、
勝率が50%以下となっております。
 

つまり、「トレーディングエッジ」が逆転しているといえます。

逆転しているということは、
「上がりやすい」トレーディングエッジに変わったというわけです。

こうなると、今までの売買ルールは止めて、
買いの売買ルールを作る方が懸命です。

時間帯のエッジがなくなったのに、
テクニカルフイルタを駆使して、
過去の成績をよくしようとすると、

再現性がなくなり、
未来は検証結果通りにならないという
落とし穴に陥ってしまうのです。

システムトレーダーは、
トレーディングエッジを追いかけることが宿命です。

トレードで利益を上げ続けられる
トレーダーになるためには、

ご自身で検証をして、
トレーディングエッジを見つけるスキルが
重要ということになります。
 

「楽して稼げる株式投資」の常識・非常識

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。