ETF・日経先物売買手法

あまり知られていないシストレの極意

こんにちは、 

シストレがうまくなる!!
KENSHIRO225 トレードマスター
の村居孝美です。

 

 

皆さんお元気ですか?

 

昔は、KENSHIROトレードを

されている方での合宿や交流会などを

沢山開催していたので、

 

昔のパーティなどの動画を見返すと

気持ちがグッとくることもあります。

 

シストレを理解されないまま、

やめてしまった人や

 

継続されて利益を出されている方、

いろんな方がおられます。

 

最近では、

昔のメンバーが復活されてきて

再挑戦をされている方も見られます。

 

今、振り買ってみれば、

2016年にアベノミクス相場の勢いが衰え、

天井付近での停滞、

2017年ごろからのトランプ相場が
始まってからの乱高下が始まり、

 

2016年、2017年は、

トレーダーにとって、

 

最も難しい相場だったのでは

ないかと実感しております。

 

2012年からのアベノミクス相場に

標準を合わせた売買戦略(ロジック)は、

 

このような市場の変化時期には、

エッジが機能しなくなるものが多発しました。

 

その時は、新しい相場の値動きを

取り入れたエッジに、売買ロジックを入れ替える。

または、修正する必要がありましたが、

私も含め、
それができずに、
失敗をしたトレーダーが多かったと思います。

 

この時に重要なのは、

エッジ(優位性)を捉えたメインフイルタが

有効でなければ、

 

その売買ロジックを

ベンチ入りするということです。

今まで良かったものを捨てられずに、

最適化をして作り直しても

 

再び、資産曲線が右肩下がりになります。

つまり、再現性がないということです。

 

これは、洋服や物を
なかなか捨てられないのと
似た感覚かもしれませんが、

トレードにおいては、

この失敗がとんでもない事態を起こします。

 

この時期に諦めてしまった方も
おられると思いますが、

私にとっては、
この経験は、成長するために

すごく大きなものとなりました。

市場の中で、

一番大きな勢力である政府の動向が

市場の変化をもたらします。

 

これを察知するために、

大きな流れを変えるきっかけとなる

政府の動向に気を付けるようになりました。

もちろん、

 

総理や大統領が変わり、

市場が変化する時期など

「そうそう起きないよ」
 

そう思われるかもしれませんね。

 

しかし、

「そうそう起きないこと」が
起きた時には、
今までの利益の大半が

飛んでしまうこともあるわけです。
 

そのことがきっかけで、

 

市場が変化するまでは、

売買戦略(ロジック)のエッジが
有効でなくなるまで、じっと我慢する。

有効でなくなった時には、

すぐに切り替える。

 

そういったことが、

市場で生き残る術だということが

わたしには強く脳裏に刻まれたのです。

 

要約すると、

「市場に合わせた売買戦略(ロジック)を使い続ける」

ことが重要で、

 

どの売買戦略(ロジック)をどのように
扱っていくのかが

システムトレーダーにとって
最も重要であるということです。

「監督が選手を配置する」

のと同じように、

 

「経営者が社員を配置する」

のと同じように、

 

その手腕によって

命運が分かれるといっていいでしょう。

 

どの選手がいいのか?
どこに配置すればいいのか?

シストレを行う監督のあなたが、

それを発揮するのです。

 

裁量トレードは、

トレーダー自身が監督と選手の両方を
自分で行う方法とするならば、

 

シストレは、監督者としての
能力を発揮する方法です。

そう考えると、

シストレで能力を発揮できない人は、

 

裁量でも勝てることが

できないことになりますね。

 

私も書きながら

気づいてしまいました(笑)

 

話は長くなりましたが、

シストレがうまくなる方法は、
以下の4つが主になります。
------------------------------—
①市場の変化に気を付けること
②エッジ(優位性)がなくなったら、
すぐにベンチ入りさせること
③資金管理を考えて、
エッジの違う売買戦略(ロック)を
バランスよく配置させること

④有効なうちは、想定内の範囲で
負けても使い続けること

------------------------------—

これらを行うには、

売買戦略(ロジック)のルールを熟知し、
苦手な値動きの場面を知っておくことです。

どのようなエッジ(優位性)を捉えているのか
を知らないまま売買をすると、

市場が変化した時には、
大きくやられてしまうことになります。

だから、声を大にしていいます。

いいですか?

その為には、
自分で検証をすることがいかに大事なのか

を自覚することです。

その違いが、
マーケットやエッジ(優位性)を知り、

あなたの口座のお金が
どんどん増えることにつながるのですから。

・何を覚えなくてよいのか?

・何を覚えないといけないのか?

・何をやればいいのか?

・何をしたらいけないのか?

よく考えてほしいのです。

これからの時代は、
会社に頼ってばかりでは、
 

安心ではないことが
分かった人が多いと思います。

自宅にいても
お金が稼げる手段を持つことは、
これからは必要になってくるかもしれません。

どうぞ、この機会に、
そのスキルを手に入れてほしいと思います。

 

 

 

KENSHIRO-225トレード体験dth=”418″ class=”PhotoSwipeImage” data-entry-id=”12596939103″ data-image-id=”14748194741″ data-image-order=”2″ data-amb-layout=”fill-width”> 

8ステップオンライン講座

 

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

 


トレード日記ランキング

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です