コラム

トレーディングに不可欠な信念

人生で成功するために医者を目指したり、歌手を目指したりするときには、それ相当の勉強と訓練をするはずだ。しかし、トレードは簡単に誰でも始めることができるために、トレードで成功するためにはどんなことを覚え、行動しなければいけないのかがわからないことが投資家を失敗に至らしめる一つだ。

もちろん、賢明なトレーダーになればお金を稼ぐことはできるわけだが、そのためには賢明なトレーダーになるために必要なことをやらなければ、ただの無謀なギャンブラーとして終わる。

まずは目標を明確にして、その目標に対して「何が何でも成功してやる」という強いモチベーションが必要だ。さらに成功するために必要なことなら、何でもがむしゃらにやるという覚悟が必要不可欠である。

つまり、トレードで成功するために必要な資源は絶対ものにしてやるという強い信念が必要だということである。まず、このような信念を持っていないとトレーディングを始めて負けが込んでくると成功したいという気持ちが挫けてしまうのだ。

私のところでクライアントが目標設定を行うときに、「もし、達成できなかったらあなたに起きることは何ですか、それが達成しなかったときに起きないことは何ですか?」と質問するのだが、この質問に対して、「別に達成できなかったらできないで困ることはないです」と答える人もいる。

つまり、トレーディングビジネスを行ううえでの動機が不十分だと、そこまで努力してまでトレードで成功しなくても食うに困らないからといって、マーケットから去ることになるか、パチンコと同じ感覚で損失を垂れ流しながら楽しむだけのギャンブラーに成り下がってしまう可能性も高いというわけだ。

しかし、こういった多くの人たちが、それでもいつかは儲かるだろうという信念を持っていることが多い。もちろん、どちらの人生になりたいかは、本人次第である。選ぶのはあなた自身だ。

まずは自分がコーチとなって、もうひとりの自分に問いかけてみることから始めよう。

「あなたには、何が何でもトレーディングで成功したいという強い信念はあるか?」

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です