日経先物売買手法

トレードで失敗している原因を浮き彫りにしましょう。

こんにちは、

シストレがうまくなる
KENSHIRO-225 開発者の村居孝美です。

 

 

トレードで上手くいかない理由は、

上手くいっていない人を見ていれば
よ~くわかります。

 

今まで、何百人、

あるいは1千人近くの投資家を
見てきて、実感することは、

悩みや行動が同じなんですよね。

 

ですが、大抵は、

何が問題なのかが

自分ではわからない。

 

もしくは、これが問題だと
理解しているつもりでも

ずれている場合が多いです。

 

では、何が原因で

上手くいっていないのか?
それは・・・

上位がリスク管理の問題です。

 

自分では、リスク管理を

やっているつもり?

 

なのかもしれないけど、

自分の許容範囲をわかっていない。

 

「彼を知り己を知れば百戦殆からず」

という言葉がある通り、

 

自分のことを

知ることが出来なければ、

トレードに勝つことなんて

できないわけです。

 

例え、

立派な売買手法を

持っていたとしても

 

その戦略通りに

売買できなければ、

まったく意味がないわけです。

 

じゃあ、どうしてその通りに

売買できないかといえば、

 

「リスクが乗り越えられない」

からなんです。

 

その売買ロジックの特徴のなかで

せめて以下のリスクをイメージして、

自分が耐えられるのか?

を確認する必要があります。

 

全体の最大の損失額はどのくらい?

一回の最大損失額は?

ドローダウンの期間は最大どのくらい?

 

あなたが持っている

売買システムや売買手法が

あなたの許容範囲でなかったら、

売買は継続できないわけです。

 

つまり、

 

売買システムのリスクを

あなたの許容範囲内と

融合するための

戦略が必要となります。

 

ポジションサイズを調整する

最大リスクやドローダウンの長さを

短くするために、売買ロジックを組み合わせる。

などなど

 

あなたが戦略通りに売買を行えるよう、

あなたのリスクに関する情報を知り、

合わせていく必要があるというわけです。

 

「どれだけ儲けたいか?」

ではなく、

 

「どれだけなら耐えられるか?」

がとっても重要なのです。

 

これでもうまくいかない場合は、

そもそも論として、

 

「リスクが絶対あるとして受け入れていない」

「相場を理解していない」

または、

「優位性のある売買ロジックを持っていない」

ことが考えられます。

 

その場合は、経費を支払って、

経費以上の利益が得られるように

自己投資をし、

 

あなた自身の考え方や

スキルを上達させましょう。

 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です