日経先物売買手法

あなたにピッタリの売場手法を見つけ出す方法とは

システムトレードで成功するコツは何だと思いますか?

それは、

①統計的に優位性のある売買ルールを見つけ出すこと

②そのルールに従って売買を続けること

この2点です。

たった2点なのですが、

これが敷居が高く感じてしまうか方もいるようで

ほとんどの方が、統計的に優位性のある売買ルールを

見つけることを飛ばしてしまうようです。

だから、

カモにされてしまうことに
繋がっていくのかもしれませんね。

システムトレードで成功するコツを掴むには

ズバリ!!

「検証するアイディアを見つけて、
自分で売買ルールを作る」ことです。

これは絶対的な条件です。

そうしないと、②のルールに従って売買を続けること
はできないのです。

しかし、

システムトレードを始めたばかりの人にとっては
売買ルールを作るのはとても難しく感じてしまうことの方が多い。

そこで、今回、

売買ルール作りの基礎をご紹介します。

売買ルールには、

「順張り」と「逆張り」の2つがあります。

「順張り」とは、

株価が上がっていく時に買い、
株価が下がっていく時に空売りを仕掛けることを言います。

つまり、株価の方向に合わせてポジションをとる方法です。

「順張り」の特徴としては、

利益率は高いものの、勝率は比較的低いタイプのトレードです。

次に、「逆張り」です。

「逆張り」は、

株価がそろそろ上がり止まる、下がり止まるのではないだろうか?
という時に、株価の方向と逆のポジションをとる方法です。

特徴としては、

勝率は高いが、最大損失は大きくなるタイプのトレードです。

一般的に、今までトレードを行ってきた方には、

このどちらかが「得意」で、
どちらかが「苦手」なことが多いようです。

ご自身が、どちらの方法論が好きかを知ることが最初の一歩です。

最終的には、

どちらも得意なのが一番いいのですが、
最初から難しいことを考えずに、
得意な売買ルールから作っていきましょう。

 

 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です