ETF・日経先物売買手法

避けたいロスカットの落とし穴

こんにちは、 

シストレがうまくなる
ケンシロウ225の村居孝美です。

 

 

今日は、ロスカットについてお話をします。

ロスカットは、2通りの考え方があります。

 

①ロスカットを入れることで成績が良くなる。

②最悪の事態をリスクヘッジする。

 

ロスカットを入れることで

成績が悪くなったりするなら、

入れないほうがいいいです。

 

よくある落とし穴は、

自分が損をしたくないから、

 

自分本位でロスカットを

入れようとすることです。

 

上がったり、下がったり、

ある程度の幅を持たせてあげないと

毎回、ロスカットばかりになり、

どんどん負けていくことになります。

 

例えば、

日中の寄り引けの買いで考えた場合、

150円前後辺りから検証を始めます。

 

150円以下のなったら、ロスカット

160円以下になったら、ロスカット

170円以下になったら、ロスカット

といった具合です。

 

100円以下になったら、ロスカット

というような、極端に少ない幅では、

ロスカットを考えないということですね。

 

もし、リスク(損失)が

耐えられないという方は、

 

以下の方法で、

リスクが許容範囲内になるように

考えてみてください。

 

①ポジション枚数を減らす

②買いロジックと売りロジックを使うことで

リスクを減らすような売買戦略を組み合わせる

③投資資金(余裕資金)を増やす

 

因みに、

私の場合、スイング買いの戦略を保有した後に、

一旦下がらずに価格が上がり続けると、

上がり過ぎたタイミングでスイング売りの戦略が

発動された時に、

 

買い保有と売り保有の両建てになり、

精神的にも楽なのです。

 

 

KENSHIRO-225トレード体験 

8ステップオンライン講座

 

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

 


トレード日記ランキング

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です