日経先物売買手法

トレード手法の型には、その人の文化がある

こんにちは、
スーパートレーディングスクールREEDの
村居孝美です。

 

今日は、

「トレード手法をマスターするには、
表面で見えていない部分を見よう」

について書きます。

 

誰かが発信していることや

行動には、

必ず発信している人の姿勢や信念、

経験、強み、弱みが含まれています。

 

それを表面の言葉や

今見えていることだけで反応してしまうと

まったく違う解釈や

間違った行動をしてしまうことになります。

 

例えば、

「夫婦で価値観が合わない」

と嘆いている人は多いです。

 

でも本当に価値観が合わない場合は、

結婚まで到達していないです。

 

もし、目の前に裸族の人がいたら、

価値観が合わないなぁというよりも

見て見ぬふりをしてしまうかもしれませんよね。

 

 

そう、最初から近寄らないんです。

そもそも恋愛になる前には、

最初に友達のような中になります。

 

友達になれるということは、

少なからず似ている部分や

共通点があったということです。

 

そこから、何か自分と違う部分を見て

ドキッとなって恋愛になっていくんですね。

 

そう考えると、

結婚することによってポジションが変わり、

尊敬していた価値観の違う部分が

悪い解釈に変わったということなんです。

 

解釈次第で
いいようにも悪いようにも見えますからね。

たとえ、
「この人、おかしなことを言っているな~」
と思ったとしても、

その人の発言や行動の裏には、

その人の文化があるんですね。

 

その文化のそのものを

まるっと知った上で、

 

今の言葉や行動があると

いうことを理解すると、

本当の意味で理解できるわけなんです。

 

つまり、そもそも自分と相手とは、

前提が違うということですね。

 

前提を知った上で、

解釈をしないと何も始まらないわけです。

 

 

で、本題はここからなんですが、

(長い)
 

私が教えている
システムトレードの方法論にも

型というようなものが存在しております。

 

 

ロジックの作り方一つでも

 

フイルターでの省き方や

悪い月の省き方等

一定のルールがあります。

 

その型に到達するまでには、

 

15年ほどの長い年月のなかで

研究された成果があります。

 

失敗とテストを繰り返して
今があるというわけです。

ここにも

そういった文化があるのです。

 

そうした中で、
少しマイナスが続いたからといって

目先の損益に翻弄されていると

 

大きな利益が取れる時に

入ってこなくなります。

村居式システムトレードの型を
きちんと理解して、

ロジックの組み合わせにより、

どんな流れになってくるのかを

観察してみてください。

 

何も知らないまま、

目先の損益で良し悪しを判断しているうちは、
型を理解していないことです。

 

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

 


トレード日記ランキング

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です