ETF・日経先物売買手法

ロボットのパートナーを持つトレード

こんにちは、 シストレがうまくなる!!
KENSHIRO225 トレードマスター
の村居孝美です。

 

 

今日は美容室にって来ました。

美容師の方と話をしていまして、

 

「これからは、

ロボットができることは、

ロボットにやってもらい、

人間の仕事は、人間らしいこと。

 

エンターティーメントや

アイディアなどに

絞られてくるでしょうね。」

という内容でした。

 

実は、KENSHIROを使った

システムトレードは、

まさしくそういうものです。

 

検証のアイディアや分析は人間がやり、

検証のデータ管理や発注は、

ロボットがやります。

 

「これからは、

もっとニーズが高まってくるのではないかなぁ」

と考えております。

 

そういうと、

「これからは、トレードも

AIが考えてやっていくから、

自分で考えないでいいんだ」

という人も出てくるでしょうが、

 

私は、全くそうは思わないのです。

 

答えは簡単で、

トレードは対人戦だからです。

 

もし、個人投資家が

AIで儲けられるなら、

 

すでに、プロのファンドに

任せればいいわけです。

 

そう考えると、

プロの頭脳を持っているAIが

私たちのお金を稼いでくれるなんて

幻想だと思ってます。

 

もし、AIがあなたのやり方を覚えて

稼いでくれるとしたら、

あなた自身が

能力を持っていることが前提です。

 

対人戦だからこそ、

人間がやる仕事として残るわけです。

 

もし、すべてが ロボットがやるなら、

もう、そこには勝てるエッジが

残っていないでしょう。

 

つまり、市場自体が

そういうものでなくなってしまう。

 

発注や検証をするための管理や

準備作業はロボットにお任せをして、

 

どういう戦略で戦うのかは、

人間がするゲームだからこそ、

 

私たち個人が

億万長者になれる

可能性を秘めているのです。

 

ロボットに任せる仕事、

売買戦略を育成したり、

動かす役割は人間。

 

そのすみわけが重要なのです。

 

システムトレーダーは、

経営者やチーム監督と同じです。

 

現場に出て売買をしません。

 

戦略を考えて、どこにだれを配置するのか?

それを考えるのが仕事。

 

また、選手やスタッフが

調子悪い時には、

修正も必要な時もあります。

 

そういうトレードスタイルなのです。

 

裁量トレードのように、

現場に出て仕事をしません。

 

これからの時代に合った方法が

ソフトを活用したシステムトレードだといえます。

 

 

 

 

 

 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です