日経先物売買手法

日経平均、去年の今日は?

こんにちは、村居孝美です。

 

皆さんは、直近のチャートと

去年のチャートを比較したことはありますか?

 

今日は、

直近と去年の同じ時期のチャートを比べてみました。

 

もしかすると、

同じ展開になるかもしれませんので、

把握しておくと面白いかもしれません。

 

 

こちらは、2018年 6/27の日経平均日足チャート。

 

こちらが、2019年6/27の日足チャート。

 

ローソク足の形は似てますが、

株価が75日移動平均より上に推移している

下に推移しているかの違いがあります。

 

では、2018年は、

この後どうなったかというと、

一旦下げてからの上昇反発となりました。

 

2018年の6月27日は、(今年で言うと本日)上げましたが、

そのあとに一旦下げて、

買い手を振り落とした後、

7/6から上昇となっております。

 

こうやってじっくり見てみると、

このやり口は、見事なものですね。

 

裁量でトレードをしていたら、

感情の罠にはまってしまうのも無理はありません。

 

私は、システムに従って売買をしていますが、

もし、

「なんでこんなところで買いがでるの?」

という日に、システムが買いを出しても

システムやトレードルールに従います。

 

本日も、日経平均は、謎の上昇中です。

 

システムは「日中買い」でしたから、

なぜか含み益になっています。

 

こういうことを信念として

作り上げていくことが大切です。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

 


トレード日記ランキング

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です