ETF・日経先物売買手法

信頼できる投資法とは

こんにちは、村居孝美です。

 

今日は、信頼できる投資法

についてお話ししたいと思います。

 

とはいっても、

信頼できる=何?

ということを定義しないといけませんね。

 

これは、人によっても違うので、

自分にとっての信頼できる投資とは?

を考えてみてください。

 

そもそも、トレードで勝てる方法?

であることは必須だ

という前提があると思うのですが、

 

トレードで勝てる方法も

沢山あって、人によっては勝てるし、

人によっては勝てない場合も

あるということを知っておくことが大切です。

 

つまり、

 

「だれがやっても100%勝てる方法はない」

ということです。

 

もし、

 

「同じことを学んで、

同じ方法で売買をしたら

同じ結果になるんじゃね?」

 

と思った人、

 

残念ながら、

今のままでは勝てるようになりません。

 

その人の理解度や

センス、素直さ、性格、資金、環境・・・

どれをとっても、人によってさまざまなので、

 

同じことを学んでも、

その情報を生かせる人、生かせない人がいます。

 

ほんともったいないです。

 

例えば、

スタートしてから、一月が経ちました。

最初100万あったのが、90万に減ったとします。

 

さらに、次の月に、

さらに20万負けて、

100万の資金が70万になった。

 

この状況で、あなたなら、

このままやっていても勝てないのでは?

と思いませんか?

 

ここでやめてしまったとして、

もし続けていたら、なくなっていたのではないかと

1っか月ぶりに見てみました。

 

すると、

 

「え~

もし、やっていたら、

 

次の月に50万円の利益がでて、

120万になっていたではないかー」

 

そうです。

 

後になってみると、

続けていたらトータル資金が増えていたんです。

 

 

あなたは、これを読んで、どう思いましたか?

 

実は、これ、トレードの正解では、

あるあるなんですね。

 

ここで質問です。

 

問題点はなんだったのでしょう?

 

もし、入る枚数が半分だったら、

まだ15万しか負けていないことになります。

 

3分の1なら、10万円のリスクです。

 

そもそも、こういう流れの成績になることを

検証結果でみてなかったのでしょうか?

 

 

もし本当にトレードで成功したい人は、

ここで学んでほしいです。

 

一番大切なことは、

「どこかで学んだ、または取り入れた情報を基に

手を動かして、試行錯誤しながら、やってみる。」

ことです。

 

次に、

 

「上手くいかない場合の問題点や

わからないことまとめる」こと。

 

まとめたら、自分で解決案を模索してみて、

師匠や教えてくれる人がいるなら、

それを伝えて、相談してみる。

 

この順番ですね。

 

まとめてみました。

----------------------------------------—-

①手を動かして、試行錯誤しながら、やってみる。

②問題点やわからないことをまとめる。

③質問・相談をする。

----------------------------------------—-

 

私が13年以上、トレードを教えていて

わかったことは、

 

これをやっていない人は、

うまくいっていないケースが殆どです。

 

殆どの人は、

 

手を動かさない。

考えない。

問題点をまとめない。

質問をしない。

勝手に結論を決めてしまう。

 

といった人が多かったです。

 

つまり、思考が停止している状態です。

 

信頼できる投資方法というのは、

「自分が納得した状態になること」

かもしれません。

 

納得した状態というのは、

中身を十分理解することから始まります。

 

そう考えると、

ある程度の時間と行動、

お金のリスクをとるのが前提です。

 

投資家で成功するわけですから、

自分のために、その投資は必須というわけです。

 

上手くいくプロセスを踏めば、

成功する確率がかなりアップします。

 

ぜひ、覚えておいてほしい方法です。

 

 

 

 

 

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

 

style=”aspect-ratio: 1 / 1;”>
トレード日記ランキング

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です