コラム

チャートの外側にある世界に、目を向けよう

━ P.R ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 乱高下相場で激しく揺れる日経平均株価!
 『どう乗り切ればいいのか分からない!』
 という方に。⇒http://www.reed-jp.com/koen/mm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ P.R ━

こんにちは。
スーパートレーディングスクールREED校長の
村居です。

最近は、
方向感のない相場が続いてますね。

こういうときは、
自分のとっている戦略が、
今の環境が得意かどうか、良く確認をして、

わからないときは、
リスクを取りすぎないようにするのが、
大事です。

さて、今日はそんな方向感のない
「ランダム」についての
お話をしましょう。

まずは、こちらの図を見てください。

このチャートを見て、どう思いますか?

トレンドと同じような形があるのが、
分かると思います。

しかしこの図、実は、、、

コンピュータに、
ランダムな動き(=ランダムウォーク)で
作らせたものなのです。

どうでしたか?

私も、チャートを見ただけでは、
本物の市場と見分けがつきません(笑

このことから、トレーダーが、
「株価チャートだけを見て、トレンドかどうかを判断する」
というのが、
難しいことが分かります。

だからこそ、
私たちは検証をして、
その市場の傾向を調べる必要が、あるわけです。

そして、検証の示す数値から、
その時に何が起こったのか?

過去のイベントなど、
大きなお金の流れ(ファンダメンタルズ)の裏付けとなるものを、
調査するわけです。

そうして調べた結果、
あるイベントでの優位性が確認できたら、
例えば、

「選挙(=イベント)の時は、
 ●●ロジックには優位性がなくなるので、
 お休みにする」

のように、

そのイベントを苦手としているロジックを、
止めたりするわけです。

数値とチャートの外側にある、
こうした市場の環境・背景を、
組み合わせることで、

はじめて、
あなたの中で、
チャートから、市場そのままの姿と歴史が見えるようになります。

そうしたら、あとは、
 「賢人は歴史に学ぶ」
という格言にならって、

傾向・優位性がどこにあるのかを、
検証して、調べる。

これを繰り返すことで、
あなたのシステムトレードが、完成していくのです。

チャートと値動き以外の

「市場環境」と「あなた自身」

という2つの要素。

これらを組み合わせて、
あなたのシステムトレードは、成り立ちます。

すべての要素を、
踏まえて漏らさず、戦略を立てましょう。

そうすれば、
多くのトレーダーの一歩先をいく、
賢人トレーダーになれることでしょう。

 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です