コラム

対処すべきは「2つのリスク」

システムトレードの大敵は、最大ドローダウンというものだ。

これは資産が最大になった時点から下落し、
再び最大高値を更新した資産の動きの中で、
それまでの下落幅の一番最大のものをいう。

これに対処しておかないと将来の目標価格に達するまでに、

資金が無くなってしまったという悲劇が起こるわけだ。

この対処の方法は、資金管理になるわけだが、

ただ、単に、理論的に対処すればよいものではない。

資金管理、ポジションサイジングにより、

感情が伴っってくることを考慮しておくことが成功の鍵となる。

これについては、またいずれ書くとして、

今日は、もう一つのリスクについて考えたい。

ドローダウンが縦軸とするならば、

横軸のリスクも考えなくてはいけないだろう。

横軸のリスクとは、停滞期間のことだ。

今負けていたとしても、

1年後には利益が出ているならばOKとするのが目標だったとして、

あなたなら何か月の損失が継続したら、

感情が揺さぶられることになるだろうか?

できれば検証結果の見方にも注意したいものだ。

月ベースの資産の浮き沈みを確認してみよう。

そこには、いろんなドラマが隠されているはずだ。

あなたがトレードを始める前に対処しておくことはたくさんあるのだ。

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です