コラム

【売買戦略の視点】

私のシステムトレードでは以下の3つに注目します。

・イベント(選挙・雇用統計など)

・月の戦略(ヘッジファンドの動向)
・売買ロジック(ストラテジー及び売買ルール)
 

この3つのうち、市場に影響を及ぼすと考えている
優先順位は、こちらです。
 

①イベント
②月の傾向
③売買ロジック(ストラテジー及び売買ルール)

一般的に、システムトレードというと、
売買ルールを構築したら、
ただひたすらに、
その売買ロジックをトレードしていればいいんでは?

と思っている方が多いのですが、
正解は、その人の資質や戦略で決まります。

個々によっても性格やフォーカスしている事、
ものが変わりますし、
売買戦略によっても違いますから、
一概にはいえません。

これらを踏まえて、同じシステムトレードでも
自分の資質に合った売買戦略やポジションの方法などを
確立することが成功の要因になります。

私が経営するスクールREEDでは、
個々に合わせたシステムトレードの売買スタイルを
確率できるような授業やトレーニングを行い始めました。

これを「目標設定ワーク」とよんでいいます。

これがトレードで成功する重要なスキルだということを
殆どの個人投資家は気づいていないと思います。
 

戦略の型やタイミングを知った後に大切なことは、
その武器を自分の資質に照らしあわせて、
取り込むことです。

その人によって、武器の組み合わせが変わり、
利益を出せるようになる道筋が違ってくるわけです。

知識だけ知れば・・・
上がる銘柄だけわかれば・・・
売買ロジックさえあれば・・・

儲かるのではないか?

そう思いたい気持ちもわかります。

誰もが利益を出せない時には、
違う売買ロジックなら勝てるかも・・・
システムトレード自体が勝てないのかも・・・
裁量トレードだから勝てないのかも・・・
違う方法なら勝てるのでは?

と、違う方向に努力をしようとします。

それで方法論を買えても、
全然利益を出せないでいる人が多いのです。

なぜなら問題は方法論ではなく、
自分に取り込む方法を知らないからです。

では、どうして、そのことに気が付かないのでしょうか?

自分では客観的に見ることができないのが原因です。
だからこそ、私はトレード専門のメンタルコーチが
必要だと考えたわけです。

自分の資質を知り、客観的に見て、
改善していけない人にはコーチが必要になります。

選手(トレーダー)とコーチが
二人三脚でやっていく必要がありますから、
コーチもかなりの神経や体力を使います。

しかし、息がぴったり合えば、
選手(トレーダー)の成功は間違いないでしょう。
 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です