コラム

あなたの性格も、システムトレードの一部になる

こんにちは。
スーパートレーディングスクールREED
校長の村居です。
 

一般的に、
システムトレードというと、
 

売買ルールを構築したら、
ただひたすらに、
その売買ロジックをトレードしていればいいのでは?
 

と思う人が多いのですが、
実は、それは大きな勘違いです。
 

どういうことでしょうか?

 
正解は、
運用する本人の資質や性格、環境も含めて、
「システムトレード」なのです。
 

運用する人は、
それぞれで、性格やフォーカスしている事、モノ、
そして環境が違いますから、
 

自分の資質に合った売買戦略や、
ポジションの方法などを確立することが、
とても大事です。
 

たとえば、
せっかちで、何かが問題が起こるとすぐに対策を練り、
いちはやく対応していきたい、、、
そんな「行動派」の場合は、
 

負けたあとは、
 「すぐに取り返したい!」
 「何とかしたい!」
という気持ちがはたらく傾向が強いので、
 

売買回数が多くて、
なるべく忙しいトレードスタイルにしたほうが、
 

負けた後、
次の売買サインが出るまでのストレスを感じなくて、
向いています。
 

逆に、
普段からのんびりしていて、

問題が起こっても、
はっきりした原因がわかるまでは
じっくり観察し、調べてから対応をする、、、
そんな「慎重派」の場合は、
 

枚数を少なめにして、
大きめのドローダウンにも
耐えられるようにしておき、
 

長期間運用するなかで、
市場にトレンドが出るのを待って、
そこで利益を一気にあげることを狙う、、、

そんな釣りスタイルが、
向いているかもしれません。
 

運用していて、
どうしてもストレスを感じるような
自分に合っていない、
トレードロジックがある場合は、
 

思い切ってやめたり、枚数を減らすのも、
立派な戦略です。
 

 
自分の資質に合った売買戦略を選んで、
長期間、ストレスなく行えるように
自分の「システムトレード」を構築できれば、
 

数多くの売買とともに、
大数の法則があなたの味方になり、

あなたのトレード成績も、
明るいものになっていくでしょう。
 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です