日経先物売買手法

勝率50%の最大連敗数は?

こんにちは、

シストレがうまくなる
KENSHIRO-225 開発者の村居孝美です。

 

皆さんは、勝率50%で、

利益と損失が1:1の場合、

 

最大、どれくらいの連敗数が

あると思いますか?

 

 

50%の勝率というと、

半々だから5連敗?

くらいに考えている人が

多いのではないでしょうか?

 

では、こちらを見てください。

 

こちらは、いつも私が

セミナーでお見せしていた

シュミレーションツールなんですが、

 

・勝率を50%に設定をし、

 

・勝ち一回当たりの利益、

・負け一回当たりの損失を

10,000円に設定をしたものです。

 

そして、トレード回数を1000回にして

高速モードまたは、ノーマルモードを押すと、

シュミレーションを開始します。

 

拡大図

 

その結果、最大連敗数は、

12回となりました。

 

どうですか?

 

最初に思っていたよりも

多いのではないでしょうか?

 

システムトレードは、

バックテストにて、一番良い成績結果を見て

スタートすると思うのですが、

 

勝率が50%くらいなら、

これくらいの連敗数が来ても

想定内として考えておく必要があるわけです。

 

意外と、利益には目が行くのですが、

リスクのことは忘れがちな方が多いです。

 

きちんと、メンタルリハーサルをして、

どれくらいのポジションサイズが

自分に合っているかを判断しましょう。

 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です