日経先物売買手法

非常事態に使える恐怖指数

こんにちは、 
KENSHIRO225 トレードマスター
の村居孝美です。

 

皆さん、

この非常事態をうまく乗り切ってますか?

 

コロナショックにより、

ボラ(変動幅)が大きい相場が

続いていますので、

「ロジックによって

様子見をしたりするのが大変だ」

という声が聞こえてきそうです。

 

私も毎日、

気にしているのが疲れてきたところです(笑)

 

そこで、

ショック時の時によく使われる

指標をお伝えしたいと思います。

それが「恐怖指数」といわれるVIX指数です。

 

VIX指数とは、

「ボラティリティ・インデックス」の略称です。

 

このVIX指数は

投資家心理を示す数値として利用されており、

「恐怖指数」という別名が付けられております。

 

この指標は、通常時は、

10~20の範囲内で動いておりますが、

相場の先行きに不安が生じた時に

数値が大きく上昇します。

 

つまり、今回のような非常事態が

この数値によってわかるというものです。

 

VIX指数 日足チャート

 

こちらを見てみると、

2/24辺りから、20以上を超えています。

しかもローソク足の値幅が大きい。

 

こういう時には、

買いロジックを控えるとか

ができそうですね。

 

ということで、

KENSHIRO225ソフトのフイルタに、

このVIX指数を入れてみようと

考えています。

 

非常事態には、

VIX指数の条件を追加することで

裁量で様子見をしたりしなくても

 

売買ロジックに、

VIXの条件を入れておけば、

 

変動が大きい時期は、

売買をしないように出来ます。

 

これで

KENSHIRO225も一歩前進。

 

是非、ご活用ください。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

 


トレード日記ランキング

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です