日経先物売買手法

あいつが勝っているのは、今はやりやすい相場だからに過ぎない?

こんにちは、 

KENSHIRO225 トレードマスター

の村居孝美です。

 

 

長年やっているけど

うまくいってない人が

 

勝っている人に対して、

 

「今は相場が簡単だから

調子がいいだけだ」

ということを

言っているのをよく耳にします。

 

その勝っている人が

初心者なら、たまたま

勝っているだけなのかもしれません。

 

しかし、

10年以上も生き残っているとしたら、

それは、違います。

 

相場は、

数年儲かっていたとしても

 

相場自体が変化して、

今までの方法が通じなくなり、

 

新しい方法を

見つけなければいけない

時期があります。

 

その期間、

負けていたとしても

資金がなくなることなく生き残り、

 

次の一手を考え付いたからこそ、

今も生き残っていられるわけです。

 

そうやって、市場とともに変化し、

成長してきたわけです。

 

生き残っている人というのは、

相場が難しい時には、

無理して売買をしないものです。

 

戦略に合っている時だけ

エントリーをするものです。

 

もし、相場が変化して
その戦略が難しい時期に

来た時には、

 

枚数を減らしたり、

ロジックや戦略を変更したりしながら、

市場の変化に対応します。

 

相場が難しい時期に

無理して大きな枚数を張って、

頑張らないのです。

 

つまり、

「相場がいい時を狙う」

のであって、

 

「相場がいいから、

今だけ勝っているのではない」

ということです。

 

それが理解できないうちは、

「あいつは相場がいい時だけ儲かっている」

と見えてしまうことでしょう。

 

相場に負けるのは、

売買手法のせいのではなく、

市場の変化に対応できなかったからです。

 

売買手法を使う人間そのものの

考え方や姿勢そのものが、

 

相場で生き残れるかどうかを

決めているといっても過言ではないでしょう。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

 


トレード日記ランキング

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です