ETF・日経先物売買手法

 【売買手法編】ロスカットだけの条件で毎日トレードをしたら?

こんにちは、
スーパートレーディングスクールREEDの
村居孝美です。

 

今日は、

衝撃的事実をお伝えします。

 

特に売買手法を使わなくても
ロスカットをきちんとするだけで

長い目で見たら、利益がでる

という検証結果です。

 

こちらを見てください。

 

これは、日経225ミニを
ただ、「寄り付きで買い、終値で売る

を毎日繰り返した結果です。

 

損益累計を見ると、

117,000円の負けとなっていますね。

 

では、これにロスカットを 

追加してみたらどうでしょう?

 

以下が、「〇円下がったら、ロスカット

を追加した検証結果です。

 

損益累計が777,000の利益となっています。
画像には見えてませんが、
年平均利回りが55.3%あります。
 

すごいですね!!
 

この検証結果から、
ロスカットの条件だけでも
長い目で見たら、
利益がでていたことがわかると思います。

 

余計なことをして、負けている人は、

この成績よりも悪いかもしれません。

 

ただし、この方法ですと、

勝率が悪くて負ける時期も長く続くので

実際に売買をしていくには、

精神的にきついかもしれません。

 

ですので、
これをベースの考え方にして、

トレーディングエッジ(優位性)を見つけて、

条件を追加することで、

安定した勝ち方になっていくのです。

 

どうでしょう?

シンプルに考えたら、

自分の感情であれこれ

余計なことをするのって、

無駄だと思いませんか?

 

むしろ、負けるエッジを

作ってるかもしれません。

 

トレードはシンプルに考えた方

有利な結果になることが多いです。

 

こういった考え方を養えば、

淡々とトレードができます。

 

武器だけ手にいれても

使う側の考え方を追い付かせないと

扱えないということです。

 

重要なプロセスを抜かして

簡単に勝とうと思っても

メンタルがついてこないのです。

 

売買ロジックを

自分で検証(確認)することの

大切さはそこにあります。

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です