日経先物売買手法

信頼できるシステムかどうか?

信頼できるシステムでなければ、
サインが出ても売買を続けられません。

よくありがちなのが
素人の人が何も知らずに

投資顧問の会社から
サインだけを支持されて
少し負けが続くと
やめてしまう結末になっているのが現状です。

そして、「システムトレードは勝てない」
という意識になってしまうのです。

そういう人が裁量トレードを学んでも
なおさら勝てないのが現実です。

沢山、そういう人を見てきました。

まず知っておかないといけないことは、
どんな売買手法も使えなくなる時がきて、
手の内を変える時が来る
ということです。

では、いつ来るの?
と聞かれそうですが、
それは誰にも分りません。

ですが、
今までにも使えなくなった
売買手法はあるのです。

とはいっても、
基礎的な考え方や
売買ロジックの作り方は変わりません。

例えば、
「本日上がったら、次の日も上昇しやすい」という
売買ロジックがあったとします。

それがいつの間にか、
「本日上がったら、次の日は下がりやすい」
に変わることだってあります。

つまり、順張りが逆張りに
変化したということです。

何かの優位性が消えたら、
新たに何かの優位性がうまれたりもします。

だからこそ、
私たちシステムトレーダーは、
売買ロジックの作り方を
マスターしておくべきなのです。

これさえできれば、
売買ロジックが変化しても
すぐに気が付くことができます。

もし、どんな条件の
売買ロジックかを知らずに
売買を続けていたら、

負ける売買ロジックに変化しても
わからないままトレードをするしかないのです。

もし、EAを販売している会社から購入しても
そのEAの中身をとことん調べてから
運用を始めないといけません。

それが自己責任というものです。

そして、その結果、
信頼できる売買システムになっていくのです。
 

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

 


トレード日記ランキング

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です