日経先物売買手法

サポートで粘っている状態継続。

こんにちは、村居孝美です。

 

今日の日経平均は、
米中対立の激化懸念の引き続き
上海総合前場も続落スタートし、
リスクオフの状態だったものの

何とか下髭陰線で引けました。

 

本日の225システムの日中のサインは、

日中買いと、スイング買い

日中買いは、95円幅のマイナス

スイング買いは、保有中

日経平均 日足チャート



 

ところで・・

 

本日のようなリスクオフの時、
ルール通りにやるのか?
裁量で止めたらいいのか?

悩みません?

システムトレードというと、
サインが出たら、どんな時でも買わないといけない
と思いがちですが、それ本当ですか?

今日は、そんな時にどうすればいいのか?
について、書きますね。

まず、
システムトレードは、
文字通り、システム化にすることが前提です。

なので、検証をするのにも
ロジックを構築するにも、
明確な条件にする必要があります。

機会に任せて、サインを出したり、
自動発注したりするので、
必ず明確に条件に落とし込む必要があるんですね。

しかし、残念ながら、
条件化はできるけど、
機械に任せるシステムにはできないものがあります。

例えば、
「地震が起きた場合は、買ったら負ける確率が高い」
ということを手動で検証をして、確認できたとします。

地震が起きたという情報を、
明確に条件化はできるけど、
その情報を取得して、プログラムにするのは、
なかなかできることではありません。

これは、システムには落とし込めない条件です。

じゃあ、この場合でも売買するのか?
そうではありません。

その場合、サインのメモ欄
ノートに書いておくなどして、

サインが出ても
エントリーしないルールにしたらいいわけです。

システムトレードは、システムマチック的に
戦略通りに売買することを言います。

ですが、機会に任せられない部分は、
ご自身が手動で行うことで精度が上がります

検証で負けるとわかっている時に、
サインがでたからエントリーするのは、
本末転倒というわけです。

もし、今日の場合、
どちらが正解だったか?
知りたい方は、検証してみましょう。

または、お使いのロジックの調子の悪い時期を確認して、
今日が当てはまるかを見てみましょう。

それがルール作りです。

 

 

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

 


トレード日記ランキング

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です