売買ロジック修正報告

1月の相場対策と傾向

こんにちは。
スーパートレーディングスクールREED
校長の村居孝美です。

 

昨年と同様、雇用統計の日は、

上昇して終わりました。

 

問題は、月曜からです。

昨年は、いきなり下げに転じてきましたが、

 

今年は、12月から大きく下落したこともあり、

月曜からのSQ週では、SQ日までに買い戻してくる

可能性も高いのではと考えられます。

 

ドル円も下をたたいた後、

下髭になっておりますので、

 

下と見せながらの上昇への展開がありの、

SQ日が終わってからは、

再び、下へ展開・・・

ということもあるとみています。

 

どちらにしても、大口の動向と季節性を踏まえて

月曜からどう動いてくるかを見ていきたいです。

 

さて、このように市場分析をすると、

 

だったら、買い一辺倒で行こうとか

予想で売買をしてしまう人が

少なからずいらっしゃいます。

 

しかし、私たちシステムトレーダーは、

予想をしてエントリーをすることは一切しません。

 

市場を分析をして、

実際にチャート(値動き)がそのように動き出して

初めて、確認できるわけですから、

 

私たちがやることは、対策のみとなります。

 

1月は円高になり、

株価も下がりやすい傾向にあり、

SQ週は、ポジション解消の動きが

あることを前提とした対策です。

 

事前の対策としては、

変動幅が大きくなることが予想されるなら、

ロスカット位置を変動幅に合わせた位置に変え、

枚数を小さくするなどです。

 

値動きが分析と合致して、

SQ週が終わり、再び下降トレンド入りしたなら、

買いのポジションを小さくする、

ショックが起きた場合は控える。

 

売りのポジションを大きくするなど、

リスク管理を行うことが重要なのです。

 

これが村居式システムトレーダーの在り方です。

 

最後に、講座で教えている

アイディアを元に作った売買ロジックの成績はこちら。

最低枚数 mini1枚の結果です。

いきなり利益となり、

幸先の良いスタートとなりました。

 

今年は、気合を入れてやっていいいましょう。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 

 


トレード日記ランキング

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です