日経先物運用報告

リスクオフを避けよう

こんにちは。

スーパートレーディングスクールREED

校長の村居孝美です。

システムトレードの落とし穴のひとつに、
「売買手法を優先してしまう」があります。

いつでもエントリーしたい感情がでてきて、
売買ロジックが買いを示したら、
どんな環境のときでもエントリーする人がいます。

市場の環境を確認しないで、
売買手法を優先してしまうのは非常に危険ですね。

難しい日に、
あえてやる必要はどこにもないと思います。

リスクオフを認識できるようにしましょう。

こちらは日経平均の日足チャートです。
5/22に過去のレジスタンスに到達してから、
利益確定の売りが出て、
5/23に上昇トレンドをブレイクダウンしました。

ここからは米朝首脳会談中止の発表が飛び出し、、
リスクオフの流れが続いております。

上昇トレンドが崩壊してからは、
市場環境が悪化しています。

つまり、リスクオフです。

リスクオフの時は順張り買いは、
避けることがコツになります。

どんな売買手法でも
通用しない時があるのを理解しましょう。
 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です