コラム

環境認識で様子見をする時の注意点

こんにちは。

スーパートレーディングスクールREED

校長の村居です。

材料やダウ理論による
チャートパターンを環境認識をして、
売買ロジックの仕掛けをどのように決めるのか?
についての「よくある間違い」を書きます。

例えば、チャートが下落しているから、
買いのサインがでても仕掛けるのをやめるという場合は、

過去において、
その売買ロジックがそのパターンで
負けていることを検証していて、
フイルタの条件では、その悪い時期を外せない時に、
市場の環境認識のルールとして使います。

「どうも環境認識と売買ロジックの成績が噛み合っていないなあ」
と言うときには、

その間違いをしてないかを確認してみてください。

売買ロジックによっても、
どんな環境が苦手なのかが違います。

何も確認をしないで、
「このチャートパターンは危ないから様子見だ」
ということにならないように気をつけてください。
 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です