コラム

どうして決めたルールを守れずに、裁量に走ってしまうのか?

ほとんどの人が、
決めたルールを守れずに
裁量に走ってしまいます。

それを失敗と気が付くのかどうかは、
成績の結果が悪くなった時の
タイミングになります。

それまでの間は、
ビギナーズラックだということ
に気が付かないものです。

では、何が?
そうさせてしまうのでしょうか?

それは、負け(損失)を認めたくない感情”
が原因です。

人間は、”苦痛を避け、快楽を得たがる”生き物です。

その感情による意思決定で
売買をしてしまうと、

以下の4つの行動パターンに陥ります。

①ロスカットができないパターン
 苦痛(損失)を避ける → 負けを認めたくない
 → ロスカットをしない。

②利益を早く確定してしまうパターン
 快楽(利益)を得たがる →利益が出たら失いたくない
 → 早すぎる利益確定

③ポジポジ病 
 早くポジションを持たないとチャンスを逃すと思う感情
 → 無駄なエントリー

④エントリーができないパターン
また負けるのではというリスクを取れない感情
 →エントリーしない

これらの行動を続けると、
結果的に、損失は大きく、利益は小さくなります。

さらに、無駄なエントリーや
エントリーができないのも加えると、

勝率が少なくなり、
負ける要素が大きくなります。

 
ほとんどの個人投資家は、
どんなに優位性のあるトレード法が
分かったとしても、

このような感情に左右されてしまい、
戦略をを守れなくなってしまうのです。

これが負ける原因なのです。

逆に言えば、

”優位性のある”

”自分の決めたトーレードルール”を

”貫き通す”

ことができた人は、

良い成績になることができます。

この優位性のあるというのには、2つあります。

①優位性のある行動

②優位性のある売買ルール」

これについては、
また次の機会にお話します。

是非、これを理解して、
毎日のトレードに挑みましょう。

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です