コラム

「~べき」を無くすとトレードが好転する

トレードで利益を
上げれない原因の多くは、

「~べき」「~はずだ」

という、マイルールが、
無意識にでてきてしまうことにある。

ルール通りに売買ができない時、
その裏には、

あなたの「~べき」「~はずだ」
が隠されている。

今日は、この
「~べき」「~はずだ」が何なのか?
を考えてみよう。

その正体は単なる「思い込み」や「恐怖」
であったりすることが多い。

人生の中でも同じことだ。

もし、何かのときに、
「カチン」とくることや
いや~な気持ちになったら、

「このモヤモヤはどこからくるのだろう?」
と考えてみるとよい。

カチンとくる裏には
「~べきだ」という
思い込みのマイルールが存在している。

そのマイルールを基準に、
あなたがあなた自身を
そして、
周りの人達や自分をジャッジしている。

「~べきだ!」
=それを守っていないあいつは悪いやつだ。
=それを守らなかったら(自分に)悪いことが起こる。

このマイルールこそが、
日常で嫌なことをどんどん引き起こす
根本的な原因になる。

マイルールで感情が偏ると、
=幸せになれない。
=物事が上手く運ばない。
=運やチャンスがつかめない。

だから、思い切って
「~べき」を捨ててみよう。

トレードではどうだろう?

「売買ルールは守るべき」・・・なのに守れない自分がいる。

もしそうなら、

「守れない」から「守らない」に言葉を変換してみよう。

すると、「守らない」には、理由があるとなるよね。

自ら進んで守らないのだから、
きっとあなたにとって良いメリットがあるはずだ。

そのメリットを探してみよう。

もしかしたら、

「ルールでは買になっているけど、今日は下がるはずだ」

「損をするべきではない」

「だから買うべきではない」と考えているかもしれない。

だから、買わないことでリスクを回避している

メリットがあるのかもしれない。

「~べき」の裏には避けたいものがあるわけだ。

避けたいものを意識すればするほど、
避けたいものの存在は、どんどん大きくなる。

では、どうすれば?

簡単だ。 その逆を実施してみるといい。

「下がるはずだから買うべきではない」の
逆を口に出して言ってみよう。

「下がらないかもしれない」

「上がるかもしれない」

「買っても良い」

「損をしても良い」

もしかしたら口に出しにくいかもしれないが、
その言葉こそ、あなたを改善してくれるものだ。

次に、行動に移してみよう。

逆を実施してみると、
意識がフラットになっていく。

フラットな状態で、

「売買ルールを守る」ほうを選択すればいい。

「売買ルールは、守っても守らなくてもいいけれど、
自分は守るほうを選択する」

という状態になれば、
心理的に負担がかかることなく、

売買ルールは守り続けていける。

トレードで、
あなたが持っている

「~べき」

は何ですか?

「楽して稼げる株式投資」の常識・非常識

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。