コラム

思い込みを変え、リスクを受け入れることから始めよう!

投資家が負ける原因となる多い込みのひとつに、毎回勝たなければいけないという思いがある。私が知る限り、ほとんどの方がこの信念に囚われているケースが多い。

バックテストで検証すると、勝率50%程度のシステムは、連続負けが8回きてもおかしくないことがわかる。私の授業では、そういう検証結果もお見せしてしているが、それでもいざトレードを始めると感情に囚われてしまい、1回でも負けると、「昨日の読みは外れた」と嘆いてしまう。

そうなると次のシグナルが出ても、昨日負けたから今日も負けるのではと思い、売買をお休みしてしまうわけだ。

これが、負けるパターンとなってしまう。

初心者の方が売買を始めたときの第一段階の戦いはここから始まる。この感情のラットレースから抜け出さない限りトレーダーとしての成功はないだろう。

トレードは1回1回の成績にこだわることではない。バックテストで5年、あるいは10年間の成績をよく観察してみよう。連続で負けていることもあるだろうし、ドローダウンの時期もあるだろう。

それらを乗り越えて利益が出ているのがトレードというものだ。

毎回勝てるようなシステムなどこの世にはありはしないし、そのような幻想を抱いているなら、早く目を覚ますことだ。

そして、日々の利益から視点を外して、1年後、あるいは5年後の結果に焦点をあてよう。

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です